スポンサーリンク

 

 

セドナ旅行記①フェニックスからセドナへレンタカー移動。エアポートメサでボルテックス!

よければシェアお願いします!

6月1日 世界一周25日目

本日はフェニックスからセドナへレンタカーで移動します。

セドナと言えばスピリチュアルなパワースポットで有名。

神秘でアメリカンな旅行を楽しみます。

アメリカ旅行の流れ(14日間)

1日目 フェニックス
2日目 セドナへ移動(←今回の記事はココ)
3日目 セドナ
4日目 セドナ
5日目 グランドキャニオンへ移動
6日目 グランドキャニオン
7日目 グランドキャニオン
8日目 ページへ移動
9日目 ページ
10日目 ページ
12日目 フラッグスタッフへ
13日目 フェニックスへ
14日目 レンタカー返却

ドキドキのハイウェイドライブが始まる。

朝7時に起床。

評価のあまり良くないホテルは、思いのほか快適でよく眠れた。

身支度を整え、7時50分頃に出発。

雲ひとつない晴天、最高のドライブ日和。

最初のドライバーは姉です。

※片側3車線の17号線。真っ直ぐに伸びる快適ハイウェイ。しかも無料。

ホテルを出てすぐハイウェイに乗るのだが

思いの外スムーズに合流、17号線に乗ったら順調そのもの。

快適なドライブが始まった。

車にナビは付いていないので、スマホのグーグルマップを利用。

サイドシートの私はマップをもとにナビをします。

注意点として、車は右車線(日本と逆)

車のメーターがマイル表示であること。

キロメートルだと思って走ると、とんだスピート違反となる。

「1マイル=1.6キロ」は必ず押さえるべし。

ちなみに距離もマイル表示。

セドナに行くには、フラッグスタッフ方面となります。

運転中の姉に食べ物を補給しつつ

ナビ役として案内しつつ

写真を撮りつつ

サイドシートは意外に忙しいのです。

日本のサービスエリアより短距離間隔で休憩場がありました。

看板でお知らせしてくれるのでありがたい。

マックやスタバ、バーガーキング、ファミレスやコンビニなどがあり

17号線から降りて、目的の休憩所に向かいます。

途中急に道が混みだしました。

停車することはありませんが、ずいぶん先まで車がノロノロ走っている。

近くに人気観光地があるのか?

それとも、事故でもあったのか??

2車線のうち1車線が工事中なのか??

よくわからない渋滞はずいぶん続く。

これで予定より30分以上遅れたと思う。

本場アメリカのスターバックスで休憩する

渋滞を抜けた先で、休憩をすることに。

目指すはスターバックスコーヒー。

こちらがスタバ。

隣は観光案内所っぽかったので

セドナやグランドキャニオンに行く人が

情報収集するにはとてつもなく良い場所です。

スタバに入ると多くの人が並んでいるが、席にはあまり人がいない。

おそらくトイレに行って、スタバでドリンクを買って

すぐに車で移動するのだろう。

アメリカのスタバはいったいいくらだろう・・・

費用を押さえたいと思っている私にはドキドキだった。
(おそらく姉は全く気にしていない)

3.9ドルくらいでラテのグランデが買えるようだ。

約420円くらい?これは思ったより安いぞ!

と、オーダーをすると4.4ドルだった。

やられた・・・

アメリカは税金が高いんだった~(T_T)

しかもアメリカ人の店員は

スーパー流暢な英語で話しかけてくる。

何を言っているかほぼわかりません(;´∀`)

みんな店員さんとのコミュニケーションを楽しんでいるが

私の英語力では店員さんと会話は無理~(汗)

とりあえずドリンクは購入できたので良しとした。

後半はタカハラさんが運転

後半のドライブは高原さんが担当。

スタバから17号線への合流は簡単だった。

ハイウェイの運転も簡単だった。

※しましまの赤い岩がセドナ感を演出しています。

面白い形の岩、しましまの層がはっきり分かる岩が見え始めました。

セドナが近づいてきたのが分かる。

姉は奇形の岩や壮大な大自然を写真で撮りまくっていた。

気持ちはわかる。どこを見ても絶景なのだ。

セドナとはこういうところなのか・・・と納得。

しかし、私の運転しているとサイドシートの姉が

「危ない」「怖い」「ドキドキする」

と、ずいぶん心配なさっている。

私の運転が危なっかしいのかもしれないが、言われる度にもじゃもじゃする(--〆)

気分良く運転させてくれ~

セドナ中心部、アップタウンに到着。

運転すること30分もかかったろうか。

セドナの観光案内所に到着する。

観光案内所で日本語のパンフレットや

地図をもらい、簡単に説明してもらう。

スタッフは年配の方が多く

とても和やかで雰囲気のよい案内所だった。

親切にしてもらい1ドル寄付をする。

そこからは駐車場を探してクルクルしていたが

無料駐車場を見つけて、とりあえず駐車。

そこからアップタウンを散策した。

※アメリカンな姉とおしゃれなお店。アップタウンはおしゃれな街だった。

石で作ったアクセサリーや

服や小物を売っているお店など

おしゃれできれいなお店がたくさん並んでいた。

さすがスピリチュアルの聖地だ。

※おしゃれストリート。スピリチュアルなお店が多かった気がする。

これまで行った中南米のものとは比較にならない

おしゃれさと可愛さだった。(値段はかわいくない)

お見事なアメリカンクオリティ。

セドナでおしゃれランチを頂く

お腹も空いたのでランチを頂くことに。

行ったのはハンバーガー屋さんのような、ジャンクなお店。

※セドナらしい背景とアメリカンなサンドイッチ。

二人で一つのBLTを頂くことに(予算が限られていますので)。

ラッキーなことにテラス席が開いていたので、そこで頂く。

味はまぁ美味しいサンドイッチって感じで

大量のポテトはもれなくうまい。

ドリンクはコーラ。

アメリカで飲むコーラは格別。

サンドイッチに合う!

疲れた身体に合う!

とにかく最高だった。

テラスからの眺めも最高で、写真を撮りまくる。

時々ミストがかかるのも気持ちよかったな。

4大ボルテックスの一つ「エアポートメサ」へ

お腹を満たした所で、エアポートメサを目指し車に乗る。

エアポートメサは4大ボルテックスの一つ。

比較的町の近くにあり、アクセスが良い。

ちなみに「ボルテックス」とは?

直訳すると「渦」を意味する。
大地のエネルギーがぐるぐると(渦を描くように)溢れている場所。

「強力なパワースポット」という理解でよろしいかと。

エアポートメサ用の駐車場は狭く、駐車可能台数は10台程度。

ほぼ埋まっていたが、ラッキーなことに停められた。

こんな道を15分くらい登るらしい。

赤い砂岩がセドナの特徴らしく、それが実感できる道中だった。

こちらが山頂。

ちょっとした広場になっていて、どこでも座れそう。

皆さん思い思いに時間を過ごしていた。

驚いたのは景色。360度の大パノラマ。

青い空と、セドナらしい赤岩と緑の景色はスゲかった。

これは人気になるのが分かる気がする。

風も気持ちよくて、眺めも素晴らしくて。いい時間が過ごせた。

エアポートメサは人が大勢いた。

でも多すぎない感じがよかったな~

セドナで泊まったホテルが最高だった!

そこからはスーパーに寄り、晩飯を調達。

※美味しそうなサラダ・スープ・桃・コーヒー牛乳。

結論から言うと、最高の晩御飯だった。

全てうまい。

全部うまい。

これは安くて最高だな。

そしてホテルが最高だった。


※画像引用 Booking.com

今回宿泊したのは
「アロヨ ピニオン ホテル,アセンド ホテル コレクション」
(Arroyo Pinion Hotel, Ascend Hotel Collection)

どのホテルも画像は素晴らしいが、このホテルは本当に素晴らしかった。

ウエストセドナという街の中心部近くにあるホテル。

スーパーマーケットなどの施設が近い。

エアポートメサまで車で6分の距離!

なにかと便利な立地です。

※広くてふかふかベッド。枕が一人4つもある。

ベッドも大きくてフカフカ。清潔感も抜群。

お風呂も気持ちよかったな~。

この部屋がボルテックスかも~。

サービスも良くて、アメニティがGood!

クッキーが食べ放題。爽やかドリンクが飲み放題。

朝食が充実していて美味しい。

セドナの中では比較的安宿だと思うが

私達の宿泊先にしては奮発したほうだと思う。

これまでのホテルとは比較にならないくらい、良いホテルでした。

こんなホテルに3泊もできるなんて幸せ~\(^o^)/

せっかく姉が行きたいと奮発したセドナが、良いホテルでよかった。

さらにセドナ観光が楽しめそうだ。

「アロヨ ピニオン ホテル,アセンド ホテル コレクション」
(Arroyo Pinion Hotel, Ascend Hotel Collection)

詳細は以下のリンクより
アロヨ ピニオン ホテル,アセンド ホテル コレクション

セドナツアーの紹介

ツアーで楽しむこともできます。

ベルトラでセドナの現地ツアーをチェックする
セドナのパワースポットを巡るツアーが数多くありますホテル送迎付き)日本語ガイド付きも選べます。

JTBで海外旅行ツアー・現地ツアーをチェックする
※JTBなら添乗員付きフルパッケージのツアーから個人手配旅行、現地ツアーまで幅広く対応しています。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク