スポンサーリンク

 

 

アメリカ・フェニックスの空港へ!人生初の海外レンタカーでホテルを目指す。

よければシェアお願いします!

5月31日 世界一周24日目

メキシコシティ観光を終えて、本日は移動となります。

目指すはアメリカ・アリゾナ州の「フェニックススカイハーバー国際空港」です。

アメリカでは人生初の海外レンタカー利用!

メキシコのホテルから、フェニックスのホテルへ移動するまでの様子をお届けします。

メキシコシティよ、さようなら。

早朝の5時起床。

身支度をして準備を終える。

ホテルのあんちゃんにお願いして、5時45分にタクシーを手配しておいたが

やる気満々のメキシコタクシーは5分以上前に到着。

ホテルを出ると、立派な乗用車が待ち構えていた。

信頼できそうなおじさんが、トランクに荷物を乗せてくれる。

車が世界一苦手な私はとてつもなく憂鬱な気分でタクシーに乗車。

あぁ神様、無事空港に到着しますように・・・

私の心配をよそにあっという間に到着した。

タクシーのおっちゃんがぶっ飛ばしていたが

40分位かかると言われ、実際は15分もかからなかった。

どういうこと??

メキシコシティ~フェニックスの航空券紹介

メキシコシティ国際空港~フェニックススカイハーバー国際空港の航空券について。

区間 メキシコシティ→フェニックス
料金 約20,000円
航空会社 ボラリス航空
予約方法 スカイスキャナーで予約

※乗り換えあり
メキシコシティ→グアダラハラ
グアダラハラ→フェニックス

ボラリス航空なんて初めて聞いたので「大丈夫か?」と心配になる。

名前の響きがちょっと・・・(^_^;)

調べてみると
・メキシコ・メキシコシティに本拠地を置く、格安航空会社
・メキシコ国内ではアエロメヒコに次ぐ2位の規模

と書いてあったので安心。

ボラリス航空のカウンターに行くと、すでに多くのお客さんでごった返している。

とりあえず並び、パソコン?で手続きするも、うまくいかない。

近くのスタッフに、カウンターへ行くよう指示される。

さんざん待ち、やっとカウンターで手続き開始。

ビザを見せたり

パスポートを出したり

アメリカでの住所を伝えたりするも

眉間にしわを寄せてひたすらキーボードをパチパチしている女性スタッフ。

しばらーく待つ。

眉間にしわを寄せてパチパチ・・・

眉間にしわを寄せてパチパチ・・・

眉間にしわを寄せてパチパチ・・・

眉間にしわを寄せてひたすらパチパチ・・・

もしかして予約とれてませんでした?

もしかしてキャンセルされてました?

もしかして手続きに不備がありました?

もしかしてお金払ってませんでした?

一体何が起こってるのかがさっぱりわからない。

眉間にしわを寄せてパチパチ・・・

眉間にしわを寄せてパチパチ・・・

背中に嫌な汗が流れる。

心臓に悪い時間をひたすら待ち続けること10分以上。

やっと荷物を預けることになる。

あぁ長かった・・・

一体何の待ち時間だったのか、最後まで不明だったが

とりあえず発券してもらえたらからいいかー

と思いきや、お金を出して座席指定したのに

座席が変わっているではないか!!

姉は「だから?」ぐらいの感じだが

私にとって通路側ではないということは死活問題なのだ。

なんとか2度のフライトを乗り越えて

無事フェニックススカイハーバー国際空港に到着。

利用したレンタカー会社は「Dollar(ダラー)」

今回利用したレンタカー会社は「 ダラー(dollar)レンタカー」です。

アメリカで利用できる会社は数多くありますが

料金が安く、利用者の口コミも良かったため「ダラーレンタカー」にしました。

レンタカーについて

利用期間 5/31~6/13(14日間)
車のサイズ コンパクトカー
利用料金 66,470円

予約は車を借りる40日前にインターネットで行いました。

支払いはクレジットカード(エポスカード)払い。円払いです。

料金は保険料込みで66,470円

・もともとダラーレンタカーは安い
・ドライバーに20代がいなかったこと
・エポスカード払いにした(15%オフ)

以上の理由から、思ったより安く借りることができました。

英語力に全く自信のない私達は

日本語で手続きができることがとてつもなくありがたかったです。

フェニックス スカイハーバー国際空港で車を借りる

のんびりとした入国審査を終え、目指すはレンタカー会社。

案内係の男性に「ダラーレンタカーに行きたい」と伝えると

それはそれはわかりやすい英語で教えてくれた。

※「レンタカーシャトル」方面に行けばOK!

車を借りるのはレンタカーセンター。そこまではバスで移動です。

看板にそって進んでいくと、シャトルバス乗り場に到着。

専用のシャトルバスがあるなんて、規模が違いますね。

こちらがレンタカーセンター行きのシャトルバス。

荷物を乗せる専用のスタッフがいて、車内の荷物置き場に運んでくれました。

何から何まで親切設計。

10分程度の移動時間でした。

まずは事務所で手続きを行う

バスを降りて、レンタカーセンターの中に入ると

広いスペースにカフェと売店がありました。

奥にはレンタカー会社がずらりと横に並んでいます。

※こちらがダラーレンタカー。人が並んでいたためかなり待つ。

私達が予約を入れていた「ダラーレンタカー」をすぐに発見。

すでに何人かお客さんが並んでいた。

一人一人に時間がかかり、なかなか順番が回ってこない。

やっと順番が周り、手続きが始まる。

「国際運転免許証・運転免許証・クレジットカード」を提出する。

アメリカやイギリスの英語は早すぎて聞き取れないことばかりだが

思ったより聞き取れて助かった(^_^)v

聞き取ることが時々難しいが、明るくて親切なスタッフはそんな私達を察してくれる。

時々ジョークを交えながら、軽快に手続きが完了した。

実際に車を借りるのは地下のフロア。

※こちらがレンタカー乗り場?の事務所。

エスカレーターを降りた先の自動ドアをくぐると、事務所らしい建物があった。

そこで声をかけたら、すぐに車へ案内された。

あまりにも案内の仕方が雑で、どの車かわからない~

スタッフに「どれ?どの車?どれ乗るの???」と何度も聞いた。


※選び放題のレンタカーでした。

しばらくやりとりして分かったのだが

コンパクトカーと書いてあるスペースの車はどれを借りてもいいらしい。
(車に鍵がついているのでスタッフから渡されることがない)

日本のコンパクトカーとは違って、立派な乗用車ばかりだった。

どの車にするか悩んだ結果、国内メーカーの日産を選んでしまう。

※こちらのお車をお借りすることにしました。これから2週間よろしく。

そしていよいよドライブだ。

私と姉、どっちが運転するを決める時。

ここは平等にじゃんけんをして

負けたのは私だった(T_T)くっそ~

恐怖のアメリカ初ドライブ


※これがウインカーで、ワイパーで、ライトはどこで~などビビりながら研究する。

左ハンドルに違和感を感じながら、とりあえず車に乗っていじってみる。

とりあえずエンジンをかける。

日本では軽自動車を運転しておりますが

普通車は運転しないから、車幅の感覚がよく分かりません。

とりあえず道なりに駐車場の出口を通る。

カーライセンスを確認してもらい、いよいよ出発!

おっかなびっくり、恐怖のドライブが始まった。

とにかく交差点が怖くて、キョロキョロしまくりながら

姉のナビで進んでいった。

思いの外、順調な滑り出し。

真っ直ぐ進むだけならいいんだけど

やっぱり交差点とかよくわかんないんだよね。

さらにウインカーを出そうとして、何度ワイパーを動かしたか。

さらに慌てて焦るの巻。

※運転に少し慣れた頃。運転が遅いためどんどん抜かされる。

移動中の飛行機でアメリカの交通ルールを付け焼き刃で勉強。

赤信号でも右折は進んで良いらしく

ドキドキしながら右折したり、止まったり、左折したり。

なんとか車を走らせるが、楽しむ余裕がありません(汗)

ひたすら運転すること30分。やっとホテルに到着。

あぁ心臓に悪いドライブだった。

チェックインも、まぁ問題なく。

ただ、受付のお兄さんはごきげんな感じだった。

部屋に入ると大きなベッドが2つ。

部屋も広くて、涼しくて。

評判は良くなかったが、意外にいいかもしれない。

プールに入っている子どもたちもいて

みんな自由に楽しんでいる感じだった。

車でスーパー(ウォルマート)に行く

部屋でゆっくりしたいのは山々だが、食料を調達しなければ!

ということで、車でウォルマートへ行くことに。

グーグルマップでは8分と出たが

それにしてはなかなか長い道のりだったな。

姉の運転だったが、安定感抜群だった。

こちらがアメリカではよく見かけるウォルマート。

ウォルマートはかなり大きくて、楽しいスーパーでした。

※歯が溶けるかも・・・そう思わせる甘そうなスイーツたち

食品も惣菜もパンも何でもかんでもアメリカンサイズの

大きな大きなスーパー!!

惣菜やのおばちゃんも親切だったし

楽しく買い物をして、ホテルへ戻った。

サラダ、お肉、マッシュポテトを頂いた。

どれもとっても美味しかったし、ペプシコーラが食事に合う!

日本だと決して飲まないのだけど

海外だと飲みたくなってしまうのよ~

ちょっと食べ過ぎなくらい頂いて食事終了。

移動の疲れもありその後二人は爆睡しましたとさ。

いよいよ明日はセドナへ移動です。