スポンサーリンク

 

 

トロント(カナダ)からダブリン(アイルランド)へ。エアリンガス航空の搭乗体験記。

よければシェアお願いします!

6月17日 世界一周41日目

本日はカナダ出国し、アイルランドのダブリンへ移動日です。

トロントで過ごした最後の時間と

エアリンガス航空の搭乗体験記をまとめました。

カナダを出国するまでにしたこと

エアリンガス航空の搭乗体験記に入る前に

移動前、トロントでやったことを簡単にまとめました。

①ホテルで初めて朝食をいただく

ホテルには4泊したが、朝食を頂いたのは最後の朝だけだった。

朝食は1階のカフェで頂く。

勝手がわからず困っていると、相変わらずの素晴らしい対応ですんなり朝食にありつけた。

※昼はカフェ、夜はジャズバー

BGMのジャスが最高。

頂いた朝食はとても美味しかった。
※朝食画像を撮り忘れました。

美味しくて雰囲気がよかったら、そりゃお店は繁盛するよな~と納得。

トロントの街中にある好立地、なのにリーズナブル。

朝食のおいしい「ザ・レックスホテル ジャズ&ブルースバー」

おすすめです。

夜が若干にぎやかですなんですけどね(^_^;)

詳細はこちら
ザ レックス ホテル ジャズ & ブルース バー

②カナダから日本へ小包を送る

3ヶ月の旅行にはどんな荷物が必要なんだろう?

心配であれもこれも持ってきてしまったが、1ヶ月ちょっと旅行し、全く使わなかった物もある。

使わない物や、旅行中に購入したものを日本へまとめて送ることにした。

やはり旅行は身軽に限る。

送りたい荷物を袋にまとめてカナダポストへ行く。

店舗は近くにあった。

そこで箱を買い、テープを買い、荷物・家族のお土産を箱詰め。

思いの外、箱に容量があり、荷物が一箱にまとまった。

箱が壊れたり途中でものが抜かれないように、テープでぐるぐる巻きにした小包をカウンターに持っていく。


※住所はJAPANだけ英語、あとは日本語で大丈夫!

以前スペインから荷物を送ったことがあり、まぁなんとかなるだろうと思っていたが

カナダポストの受付の方とのやり取りがうまくできない。

何を言っているのかがわからにゃい(?_?)

そこで登場したのが、25年前に日本人だった女性。

片言の日本語になっていたが、十分会話ができるぐらいの日本語力だった。

その方に色々教えてもらい、無事手続きが完了した。

カナダポストの小包を送る手続きはとてつもなく丁寧だった。

(雑な)スペインとの差にビックリ。

間違いなく日本に届きそうな気がした。

料金は、トータル142カナダドル(約11,930円)でした。

③スーパーでお買い物をする

飛行機の機内で食べるおやつ

膀胱炎対策のクランベリージュースを購入。

④ユニオン駅からピアソン国際空港へ移動する

ユニオン駅に向かうと、もんのすごい人人人人(゚д゚)!

どこかのチームが凱旋パレードしたらしく、バスケのユニフォームを着た若者であふれかえっていた。

後で調べたら、NBA優勝パレードだったらしい。

優勝したのは「トロント・ラプターズ」

パレードを見るために最大200万人が集まったとか。

飛行隊によるアクロバット飛行が見られ、完全なお祭り騒ぎだった。

いつもならスイスイ進む道に人だらけ。

空港行きの鉄道は、列の最初がわからないぐらいの長蛇の列となっていた。

飛行機を予約をしている人は優先的に乗車できたが、ギュウギュウの満員電車。

私が最も苦手なやつだ(-_-;)ウヌヌ…

約25分間、精神的に追い詰められる時間となった。

無事到着してよかった~~~

⑤いつもの苦手なチェックイン

おそらくWEBチェックインで、パスポートの有効期限を間違えて入力したと思う。

便利なWEBチェックインだが、荷物はカウンターで預ける。

これまで何度もチェックインカウンターでもめたが、今度こそ飛行機に乗れないかもしれない。

私は憂鬱な気持で順番を待つ。

(姉は後ろでのんきに順番を待つ)

カウンターに呼ばれ、ドキドキドキドキドキしながら対応する。

ダブリンからの行き先を確認される。

そんな事はいくらでも答える。

知りたければ、日本の帰るまでのすべての行き先を伝えても良い。

ただ、ただ、パスポートの有効期限が問題にならないか

それだけがドキドキだった。

神のお裁きをまち続けること数分。

どうやら大丈夫そう。

荷物を預け、手続完了\(^o^)/

エアリンガス航空の搭乗体験記が始まるよ!

「エアリンガス航空」を聞いたことがあるだろうか?

私はチケットを取るまで知らなかった。

エアリンガス航空とは?

ダブリンに拠点を置くアイルランドの航空会社。

国際線の歴史は、アイルランドで一番長い。

アイルランドのフラッグキャリア。
※フラッグキャリア=国を代表する航空会社

Wikipedia(エアリンガス)を参考にまとめました。

アイルランドを代表する航空会社では

アイルランドのフラッグキャリア→エアリンガス航空

アイルランドのLCC→ライアンエアー

という構図らしい。

※機体の色は緑!爽やかエアリンガス。

とても信頼のおけそうな航空会社だなーと思っていたのですが、ネットの評判はあまりよろしくない。

サービスがLCC並との情報がよく見られました。

一体どんなフライトになるのか?

予約方法と利用した便の紹介

利用区間 トロント→ダブリン

ピアソン国際空港(ターミナル3)
17:55

↓(移動時間は6時間35分)

ダブリン空港(ターミナル2)
05:30

予約について

予約方法
スカイスキャナーで検索し、Trip.comを利用しての予約。
便を検索し一番安いのがTrip.comだった。

予約日 2019年4月20日
利用日 2019年6月17日

クラス エコノミー

料金  46,428円(受託手数料込)

エアリンガスはLCC(格安航空券)ではないのですが、預け荷物(受託手荷物)は有料

ついでに言うと座席指定も有料です。

受託手荷物(5ユーロ~85ユーロ)
座席指定(3.99ユーロ~16.99ユーロ)

預け荷物(受託手荷物)は

予約クラス(Saver/Smart/Flex)
ヨーロッパ内の移動か?大西洋を渡るか?

によって変わってくるので、公式サイトをご確認いただくのが確実。

※公式サイトでによる受託手数料一覧はこちら

私の場合、受託手荷物込の料金でした。

機内持ち込み手荷物は1個7キ(48cm✕33cm✕20cm)まで
(ヨーロッパ内の移動は10kgまで)

機内食は、大西洋を渡る便は無料と記載されていました。

ヨーロッパ内の移動の場合、機内食は有料です。

※2021年10月に調べた情報です。
最新情報は公式ホームページをチェック!

うーん、LCCではないのですが、LCCのような感じですね。

だからこそ自分に合った予約プランを選んで、安く利用できるのだと思いますが

ちょっと予約が大変そうな気もします。

ただ予約に困った記憶がなく、すんなりできた気がする。

LCC(ライアンエアーのような)の煩雑さはあまり感じませんでした。

ライアンエアーは結構厳しいんですよね・・・(^_^;)

WEBでチェックインをする

座席指定をしたく、同時にWEBチェックインをしました。

搭乗24時間前からWEBチェックインが可能。

エアリンガスのホームページから

WEBチェックインを選択→予約番号(アルファベット6ケダだった)と名字を入力

手続きが開始となります。

情報の確認と、座席指定をしました。

座席の多くは埋まっていましたが、通路側や窓側など選べるくらいは残っていました。

チェックインが完了すると、メールで連絡が来ます。

ホテルでプリントしてもらいました。

フライト当日、荷物を預けるためカウンターに行く

フライト2時間前にチェックインカウンターへ行くと、人が少なかったです。

皆さんの手続きが早かったのか、預け荷物のないお客さんが多かったのは不明。

カウンターでは荷物を預けるだけだったのですが

アイルランドのどの街にどれくらい滞在するか?
ダブリンの後にどこに行くか?

を、聞かれました。

荷物は無事預けられましたが、姉の荷物は「Oversize」ということで

となりのレーンで荷物チェックを受けました。

※姉が荷物を預ける様子。

こちらが特大サイズの荷物預け現場。

「なぜこんなに大きいのか?」といった尋問を受けるわけでもなく

機械に荷物を通し、特に異常がなければそのまま預ける感じ。

おそらく荷物が15キロ超えたからこちらのレーンに回されたのでは?

と思ったのですが、詳細はわからず。

申し訳ありません。

セキュリティーチェックを終えて、搭乗口へ移動しました。

搭乗開始時刻は、17:05

搭乗口に到着したのは 16:50

免税店でショッピング~♪なんて余裕のない移動でした。

搭乗前の腹ごしらえ

エアリンガス情報をネットで調べると、サービスがLCC並とよく書かれています。

機内食が有料との情報をゲットしていたので、サンドイッチを食べました。

他にもパン3つ・おやつ・お水を購入しておきました。

※サンドイッチで腹ごしらえ

ピアソン国際空港では、机上にコンセント差込口がある席がとても多かったです。

しかも日本と差込口の形状が同じなので、助かる。

いよいよ搭乗の時刻となりました

搭乗開始は、10分遅れの17時15分。
(フライト予定は17:55)

機内の席は「2席-4席-2席」の配置。

大きめの飛行機でしたね。

予約した席は、真ん中の4人席の端っこでした。
(もちろん隣は姉)

身長167cmの私が余裕で座れるくらい、シートには余裕がありました。

足が伸ばしやすい、広めのお座席です。

※三つ葉はエアリンガスのトレードマーク

「枕・毛布・イヤホン」が座席においてありました。

各シートにモニターがあり、映画や音楽を楽しみ放題。

ゲームもやり放題。

(残念ながら日本語に対応しているものはありませんでした)

USBポートもありました。

LCC並と聞いていたのですが、こんなに設備が充実しているなんて嬉しい(^^)

なぜか奇跡の機内食

機内で割高のお食事を頼む気にはなれないのですが

ひもじい思いをしたくないので、おやつを事前に購入しておきました。

すると想定外の事件が起こりました。

離陸後しばらくして、ドリンクと軽食が配られたのです!

軽食は小さな袋菓子。

ドリンクはコールドドリンクが中心。
(水、オレンジジュース、ジンジャエール、アップルジュースなど)

ドリンク、軽食は有料じゃないの?

エアリンガスってLCC並のサービスでは??

予想外の機内サービスに喜びが何倍にも膨らみました。

サンドイッチを食べた後でも、軽食は美味しいぃぃぃ。

オレンジジュース、軽食をペロッと頂く。

心が満たされ、そろそろ寝ようかな?と思い

ゴロゴロしかけていた頃

また

再び

2度目の想定外な事件が起こったのです。

なんと

機内食が出てきました!!!!!!

なんてことでしょう

パスタとビーフが選べるではありませんか!

こちらがパスタコースです。

日本人が見慣れた「ロングパスタ」ではない形状のパスタ。

サラダはカプレーゼっぽいもの。

スイーツはいちご&生クリーム&チョコチップ。

ありえんぐらいに私好みのスイーツ!!

こちらは姉がオーダーしたビーフコース。

個人的にはグリーンピースがイケてないのですが、それ以外は美味しそうなお肉料理です。

蓋を開けているので、サラダやスイーツの感じが分かりやすいですね。

量はしっかりあったと思いますが

サンドイッチ、軽食を食べた後でも完食できるぐらい美味しかったです。

パスタコースは、特に私好みで最高でした。

機内食バンザイ\(^o^)/

身も心も満たされ、よい夢が見られそうな予感です。

到着時刻は、ダブリン時刻の早朝5:30。

起きたらすぐに活動できるように、しっかり睡眠をとらなくては・・・

では(つ∀-)オヤスミー

しかし、二度あることは三度ある。

またまたまた事件が起こります。

食後のドリンクが配られました。

コーヒー・紅茶です。

なんて気の利いたドリンクの配り方なのでしょうか。

当然ドリンクも頂きました。

そこからは就寝体制に入るため、機内は暗くなりました。

私はグースカ眠り、姉は映画を見ていました。

私が寝ている間にもドリンクのサービスがあったようです。

そして目が覚めたら、ダブリン到着1時間前。

姉から箱が渡されました。

何だこれは????

と思って見てみると・・・

なんと朝食でした。

私好みのマフィンとオレンジジュースです。

6時間半のフライトの中で

ドリンクが何度も提供され、ディナーと朝食が出てくるなんて予想外だった…

無事、ダブリンに到着しました。

エアリンガス、搭乗体験記まとめ

そもそもエアリンガスは機内食が有料なはずなのですが

今回のフライトでは、機内にいる全員に食事が配られていました。

全員が追加料金で食事を頼んだのか?(それはない)

そもそも私自身、機内食を頼んだ記憶がありません。

今回この記事を書くにあたって、エアリンガスの公式ホームページを見たら

「大西洋をまたぐフライトは機内食あり」とありました。

ヨーロッパ内の移動は機内食が有料。

ネットで見た「機内食有料」は、ヨーロッパ内の移動について書かれたものだったんだな。

と、今になって理解しました(^_^;)

エアリンガスは、預け荷物(受託手荷物)、座席指定、機内食が有料です。

LCCのようなシステムを取り入れていれて、チケットを安く販売しています。

ただ一般的なLCCのような煩雑さや、厳しさは感じませんでした。

ライアンエアーは結構厳しいんですよね・・・(^_^;)

今回のフライトでは、シートも広く眠りやすかったです。

時間も定刻通りでした。

お食事もしっかり提供して頂き、個人的にはとても快適な移動となりました。

カナダからアイルランドへ移動される方が

この世にどれぐらいいらっしゃるかは分かりませんが

その際にはエアリンガス航空をおすすめします。

続く

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。