スポンサーリンク

 

 

メキシコ旅行記②シティ観光と遺跡巡り。治安が悪いと評判の国を観光する。

よければシェアお願いします!

2019年5月28日 世界一周21日目

この日はメキシコシティ中心部にある教会や遺跡を観光をすることに。

治安はどうなのか?無事に楽しく観光はできたのか?

記事にまとめましたので、御覧ください。

「メキシコは治安が悪すぎる」という評判は本当か?


※ドクロの数々・・・ヒィ~

メキシコは治安が悪いらしい。

ネットで「メキシコ 治安」と調べると

続くワードが「マフィア 悪化 殺人」などなど・・・

「メキシコ 治安悪すぎ」といったキーワードもお見受けする。

私達はどんだけ危険な国に来てしまったのか。

無事に観光できるのだろうか(汗)

もしかしたら日本に戻ることはできないのだろうか(汗)

通りがかりに殺されるのか?

マフィアに絡まれて、麻薬を気が付かずに所持してしまい、現地警察に逮捕されるのか?

そして死刑に・・・(T_T)

いや逮捕される前にマフィアに殺されるかもしれない!

お父さん、お母さん、今までお世話になりました・・・

みんな!今までありがとうぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・

やや大げさになってしまったかもしれませんが

初めてメキシコに行く方は、こんな風に感じている人も居るかもしれませんね。

メキシコニュースってそんなんばっかりだもん。

結論を言うと、治安を気にせず楽しく観光できました。

もしかしたら姉は、それぐらいの恐怖を感じていたのかもしれない。

私は3回目だったのでちょっと慣れっこ。

・人通りが多いところを歩く
・昼間に観光をする(暗くなったらお部屋)
・貴重品は肌身離さず

以上3点を守れば、問題ないと思いました。

ただメキシコの場所によってはかなり治安悪く

場合によっては命の危険があるので事前情報はチェックしておきましょう。

外務省 海外安全ホームページ

↑↑↑こちらを要確認。

どのあたりがどの程度危ないのか教えてくれます。

ちなみに今回観光したメキシコシティは

「レベル1 十分に注意して下さい」と書いてありました。

レベル1は割とよく見かける注意勧告だと思う。

メキシコシティ観光に出かける

夜を飛行機で過ごし、昼はカフェで過ごし、夕方にホテルへ到着。

かなりの疲れもあり夜はよく眠れた。

快適ベッドでよく寝た。

こんなに長時間ぐっすり寝たのは、本当に久しぶりだった。

イマイチなホテル朝食を食べ、9時過ぎに出発。

今日はメキシコシティーの中心地「ソカロ周辺」を観光予定。

世界遺産「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」を構成する

「メキシコシティ歴史地区」を観光します。

※ソチミルコとは中心部から28km南にある街のことらしい。

メキシコシティ観光コースを地図で説明

赤い丸に囲われている場所が主な観光地となっております。

地図左上にあるホテルから、メキシコシティーの中心地「ソカロ周辺」まで徒歩移動。

距離は約2Kmです。

なかなか良い立地のホテルでしょ?

ということで早速出発です。

ベジャス・アルテス宮殿で写真をとる

爽やかな朝の日差しで少し陰った「ベジャス・アルテス宮殿」

格式高い大劇場で、内部は有名画家の壁画のギャラリーあり。

奥に見えるビルは「ラテンアメリカタワー」

182メートルの高さを持つビルで、中はレストランや博物館となっている。

かなり近代的でスケールがでかい!

どこから撮っても絵になる美しい建物でした。

世界一美しいメキシコ中央郵便局へ

世の中にはいろんな世界一があり、正直「世界一」と言ったもん勝ちなので

あまり信用できない「世界一」ですが

メキシコ中央郵便局は本当に美しいです。

日本の郵便局がこざっぱりしているから寄りそう感じるかも。


※真ん中にいるものは気になさらず。

こちらがメキシコ中央郵便局の中。

インターネットで調べると、こんな構図の画像が山ほど出てきます。

光が差し込み、金色の階段がキラキラしていて、なかなかに幻想的です。

ベジャス・アルテス宮殿を作った人(イタリア人)と同じ人が設計したそう。

ここではがきを送るのもいいですね。

ベジャス・アルテス宮殿から中心部へ行く道中にあります。

警備員さんが笑顔で迎えてくれました。

そんなメキシコの暖かさが好き。

ソカロ広場に到着。メキシコシティ歴史地区を観光する。

ソカロはとても広い広場でこれといった見どころはありません。

ただ、その周辺に世界遺産となるものが様々あります。

メトロポリタン・カテドラル

「メトロポリタン・カテドラル」はメキシコカトリック教会の総本山。

そりゃもう大きいのなんのって。

いやもう本当に豪華で、立派で。

カトリックの絢爛豪華な感じがとっても分かるし

おそらくメキシコの方々も派手な感じが好きなのではないか?と思う。

どれぐらいの期間で建てたのか疑問に思い調べたら

なんと100年以上かかったそうです。

納得の豪華さと大きさでした。

おかげさまで歩きすぎて疲れたし、見上げ過ぎで首が痛くなる。

ちなみに入場料は無料でした。

国立宮殿

こちらもソカロ周辺の世界遺産「国立宮殿」

うん!立派!

他の予定もあるので見るだけにしました。

アステカ帝国の神殿跡「テンプロ・マヨール」

こちらもソカロ周辺の世界遺産「テンプロ・マヨール」

アステカ帝国時代の都「テノチティトラン」の中央神殿だった場所です。

1520年頃スペイン人が神殿をボコボコに壊して、その上にスペイン風の街を作ったそうです。

1979年ころから発掘され始め、今では立派な観光地。

これがかつての都「テノチティトラン」の地図と思われます。

かつては湖に浮かぶそれはそれは美しい街だったそう。

しかし、スペイン人が湖を全て埋め立てました。

インカ帝国のビッチリきれいに並べられた石とは全く違います。

石が赤茶色で、大きさがバラバラ。

インカ遺跡後の見学はより面白みを増しますね。

そして独特な神様?

あまり日本では見かけない風合いです。

ちなみにこの画像はテンプロ・マヨールの博物館にあるもの。

ドクロの彫刻が施された「ツォンパントリの祭壇」

メキシコと言えばやっぱりドクロですよね。

かつて繁栄した都の遺跡はどことなく物悲しさを感じてしまいます。

過去の都に思いをはせながら遺跡を散歩・・・

としたいところでしたが

直射日光が厳しいのと、広いのと、疲れで後半は辛かった。

だいたい姉は最後まで元気なのだが

私は途中でバテてしまうんですよ。

遺跡見学後、スタバで冷たいカフェラテを頂きかなり元気になる。

シウダデラ市場でお土産を見学する

お土産で民芸品を買いたければ「シウダデラ市場」

見ているだけでもかなり楽しいお土産売り場です。

同じ商品でもお店によってお値段が違うので、ご注意を。

結局何も買わず。

夜ご飯はスーパーとタコスで決まりでしょ!

とりあえず食べ物をゲットするためにスーパーへ。

スーパーは大きくて、涼しくて、安かった。

万引きも多いようで、高台で見張りをしている男性がいたし

店に入るのもゲートを通る必要がある。

美味しそうだがとても糖分が豊かそうなスイーツ達。

とてつもなく甘そうだが、魅力惹かれるケーキ達。

手前右の商品を購入する。

他にもカプチーノ(スティックタイプ)や水、おやつをゲットした。


※画像右上のライム?をかけて食べると更に美味しい。

やっぱり一日の締めはタコスでしょ!

ということでタコスを頂く。

姉が美味しいタコスを食べたいと研究し始め

自分の欲しいタコスを注文できるようになっているようだ。

着々とスキルアップしている。

メキシコシティ歴史地区の観光終了。

徒歩で明るいうちにホテルへ戻ったが、ずいぶん歩いてもうヘトヘト。

観光地の治安は全体的に良くて、安心して観光できました。

旧市街の魅力はたっぷり感じられ

テンプルマヨールの遺跡もしっかり楽しめた。

タコスも食べて大満足だが、やっぱり疲れた~。

しかし徒歩で観光できたのはホテルの立地が良かったと思う。

メキシコシティで利用したホテル

CASA MX Alameda

観光するのに便利な立地で、広くて快適。おすすめです。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク