スポンサーリンク

 

 

慶州の世界遺産観光 ~仏国寺・石窟庵編~

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

慶州シリーズ第2段

今回は世界遺産の

仏国寺(プルグッサ)と石窟庵(ソックラム)

に行った内容をお届けします。

慶州市内からバスで30分です。

どんな観光になったか

見ておくれ~(゜o゜)

噂では、人気観光地らしく

人がかなりいると聞いたので

朝早く行くことに!

ホテルを出たのは、7時40分。

では仏国寺行き方ですが

10番か11番のバスにのればOK!

私がのったのは

ホステル近くにあるバス停。

次に来るバスを表示してくれます。

とっても便利~♪

10番バスが来ました。

1700ウォン(約170円)です。

乗車時刻8時。

道中様々な施設を見ることができる。

遊園地や、リゾートホテルなど。

慶州関係ないじゃんみたいな施設も多々。

35分後、仏国寺駅に到着。

バス停のカラーリングが仏国寺?

お隣は駐車場ですが

その先に仏国寺の入り口があります。

駐車場を渡ると

仏国寺入口と書いてる看板が。

親切ですな。

階段を上ったその先には…

自然の中をお散歩できる遊歩道?

さらに進むと車が走る道路に出ます。

右に行くと、大きな出入り口ですが

うっかり左に行ってしまい

もう一つの小さめな出入口に到着。

ここから入ります。

入場料は5000ウォン(約500円)

立派な門ですね。

そもそも仏国寺は

「仏国土の理想を

調和及び近郊で表現した仏の宮殿」

※慶州市発行のガイドブックより

だそうで、歴史的な価値と

その美しさが見どころです。

「仏の宮殿」というコンセプトに惹かれます。

建物の立派さはさることながら

近くで見ると色合いが美しい。

派手なんだけど、品があり

きれいにまとまってますね。

韓国カラーです。

有名なのは、門と塔。

きました、紫霞門。

ガイドマップには

「天井の世界に上る階段」と説明が。

橋の下の一般人と

橋の上の仏の世界をつなぐ

象徴的な橋だそうです。

( *´艸`)萌え~💗

作り上げようとしているものが

美しいですね。

この階段を登れば

天井の世界に行けるなんて

なんてロマンなんだ…うっとり…

紫霞門の横にある坂を上ります。

建物を囲っている壁。

壁から先は仏の世界になります。

いきなり見どころの多宝塔です。

統一新羅美術の神髄。

釈迦如来の法華経説法を

証明する姿の形象化したもの。

??????

意味が分からんな~。

もう一つの塔、釈迦塔。

韓国の一般的な形の石塔。

そして、二つの塔の間にそびえるのが

大雄殿

お~ベリービッグ!!

屋根がいいですね、趣がある。

中には、釈迦如来仏が祀られてますが

撮影禁止でした~。

「写真は、とっちゃダメ~!!!」

中は広く

一通り見たら1時間半くらいでした。

(その気になれば30分くらいでもいける)

仏の宮殿を表現したというコンセプトが

気に入ってしまったので

私の場合ちょっと長めだったかも。

自然との調和がすんばらしい。

日本にも仏教施設はありますが

やはり、韓国ならではの物もあり

その違いを見つけたり

仏の世界を表現した美しさを感じながら見学。

朝早くに行ったので、人も少なくて

もんのすごく楽しめました~。

仏国寺門から出ます。

仏の美しい世界にどっぷりつかったあとは

もう一つの世界遺産「石窟庵」に行きます。

石窟庵は

「花崗岩を積み上げて

人工的に石窟を造った」もので

それが故の美しさがあるという。

(通常、石窟寺院は石を掘って作るが

韓国は花崗岩が多く掘ることができなかった。)

特に本尊仏は宗教性・芸術性において

韓国でも指折り。

宗教施設と美しいものが好きな私としては

外せない観光スポットです。

「石窟庵」行きのバスは、毎時40分発。

バス停は

仏国寺門をまっすぐ進んだ所です。

バス停から仏国寺門を写真でとる。

バス停の位置感が伝わるかしら?

12番バスに乗ります。

てか、12番バスしか通ってないので

乗り間違えようがありません。

10時40分 12番バスに乗る。

10時53分 石窟庵に到着。

1700ウォン(約170円)です。

入口の階段です。

その先にチケット売り場があります。

入場料は、5000ウォン(約500円)。

ここが石窟庵への出入口。

しばらくはこんな道をひたすら歩く。

大自然とともにある世界遺産ですね。

到着しました。

写真上部に見える建物の中に

石窟庵本尊仏がいらっしゃいます。

階段を上った先に

ありました。

中は撮影禁止です。

ガラス張りの壁があり

その先に石窟庵本尊仏がありました。

無駄な線がなく

石で作ったとは思えないほどの

滑らかな曲線でつくられていた。

仏像はたくさんあるが

それとはちょっと違う趣の造りですね。

こんなちょうちんもありつつ。

もと来た道を戻ります。

12番バスで仏国寺まで帰れますが

今回は、歩いて仏国寺に帰ります。

道が整備されていて

ハイキング的に楽しめる道

片道2.2キロ。

こんな道をひたすら下ります。

人も少なくて

気候も良くて。

自然の中を歩くと気分がいいですね。

高いところなので、眺めも良いです。

トイレもあります。

さすが韓国!!

道が整備されていて

安心して

楽しみながらお散歩ができました。

仏国寺の入り口に到着しました。

歩いた時間は約45分。

サンダルでのんびり歩いたので

これくらいかかりましたが

スニーカーだともっと早いと思う。

宗教施設の神秘さに浸りながら

美しさに触れながら

大自然の中を歩く

あぁなんて贅沢な時間。

大・満・喫

慶州最高。

新羅最高。

仏国寺前のバス停に戻りました。

11番バスに乗って慶州駅に到着。

※おまけ~

慶州駅のバス停は市場と隣接してます。

道の両サイドにひっきりなしの出店。

一本中に入ると

美味しそうな食べ物屋さんが~💗

いろいろうまそうで。

イートインのお店もありましたが

わたくしは、

たんまりと食品を買って

ホステルでゆっくり頂きました。

あ~美味しい💗

という事で

慶州シリーズ第2段終了です。

正直、ソウルよりも100倍楽しかった。

朝早く行ったのもよかった。

地方都市の魅力にハマりつつある

takoでした。

(※2018年6月の情報です)

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。