スポンサーリンク

 

 

アヴィニョンからアルルへ。日帰り観光に行ってきました!

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

今日はアルルへ観光に行きます。

アルルといえば、ゴッホが有名ですが

実は世界遺産の街でもあります。

アルルはアヴィニョンから

電車で20分とアクセス抜群!!

ローマ時代の古代遺跡がある街アルルへ

行ってみましょう~👣

さて、出発駅は

アヴィニョン・サントル駅です。

今日も立派に曇っています!!

入口で手荷物検査を受けた後に

チケットを買います。

券売機が2タイプあったのですが

カード払いしかできなかったり

操作がわかりにくかったので、断念!

時間もないので、窓口で購入しました。

9ユーロ(約1,215円)でした。

※1ユーロ=135円で計算しました。

一便遅らせたら8ユーロだったのですが

時間がもったいないので。

こちらです。

フランス国鉄ってかっこいいのよ~。

「SNCF」ってフランス国鉄の略称ですが

この略称、単語の並びがおしゃれ。

フランス国鉄の駅案内チャイムが

すんげー好きで。

このチャイムを聞くたびに

フランスに来た気がするのよね~🌸

チャイム、録音したい~( *´艸`)

と思ったら、ネットで

あっという間に検索できました。

こちらでチケットに刻印をします。

私の乗る電車はどこかいな?

11時22分発の電車です。

1番ホームですね。

フランスの駅のホームは番号だけではなく

アルファベットもあるんですね。

1番ホームはどこかいな?

この先のエスカレーターに乗ればいいのね~。

すぐにホームへ到着。

電車が来ました~♪

う~ん、なかなか男前ですな!

5分遅れですが…

帰りの電車も遅れてました。

フランスではちょっとした遅れは

よくあるのかもしれません。

2等車なので「2」と書いてありますね。

こちらに乗ります。

指定席でした。

なかなかよいシートですね。

1ユーロ高いだけはあるのかもしれません。

(帰りの8ユーロは自由席でした。)

そうそう、コンセントもあったんですよ。

充電し放題です。

電車に揺られて、20分。

アルルに着きました。

アルルの街は徒歩で十分まわれますので

道を探します。

なんと親切に書いてありました。

駅を出て、左に行けばよいようです。

こんな道をまっすぐ進むと…

広場があり、その先に

カヴァルリ門です。

アヴィニオンといい、アルルといい

こういった

歴史を感じさせる城門が残っていますね。

すでに気分はローマ時代♪

門をまっすぐ進んでいくと

見えてきましたよ~

みなさんは見えますか~??

じゃーん!!

世界遺産「円形闘技場」

紀元1世紀に造られたんですって!

すんげ~2000年前だよ~(*_*)

その割に保存状態がいいですよね。

どこから見ても景色は変わらないのに

つい一周してしまう。

もちろん中に入れますが(有料)

今日は早めにアヴィニョンに帰るので

外から見てるだけ~。

でも、しっかり楽しめます。

さてお次は、古代劇場!

円形闘技場の横にありました。

世界遺産「古代劇場」

これも柵の外から見てるだけなので

写真が遠いのですが(その割によく見える)

十分楽しめました。

今でも利用されているんですって。

2000年前に造られたものが

いまだに利用されてるなんて

アルルは歴史と生きてるんですね~。

造った人も2000年後も活用されるなんて

思ってなかったでしょう。

さて、次に参ります。

古代劇場からちょっと歩きます。

(↑コレが市庁舎)

市庁舎があるレピュブリック広場に

見どころの教会があります。

世界遺産「サン・トロフィーム教会」

まぁ立派な正面玄関。

入口は、一番右側なんですけどね。

正面の扉の上にある半円形の彫刻を

「タンパン」というらしいのですが。

これが、教会の見どころの一つ。

確かに、つくりが細かくて

芸術と技術とセンスを感じます。

お~立派です。

天井が高くて、シンプルです。

ロマネスク様式の代表作だと

地球の歩き方に書いてありました。

ドラマチックな

ステンドグラスと彫刻達。

回廊が見どころらしく、有料でした。

全体的に作りが上品ですね。

教会好きとしては

とても楽しめた観光地でした~。

広場中央にある塔です。

ライオンがかわいいにゃ~🐈

急に雨が降ってきました☂

ぬれる~☂

丁度小腹もすいてきたので

レストランで

雨宿り兼 休憩兼 お食事をします。

メニューが気持ちいいぐらい読めなくて

店員さんも気持ちいいくらい英語が話せなくて

適当に指さしたメニューがこれ。

オムレツ?卵料理がうまかった。

量もちょうどよかったな。

トイレと向かいの席だったけどね(涙)

電車の時間もあるので

そろそろ去り時です。

帰り道に通ったのが

コンスタンタン共同浴場

というものらしいのですが、

本当にこれで合ってるのか?

ローヌ川を左手に見ながら帰ります。

よどんだ色と天候が

フランス感を演出してくれます。

こんなフランスな道を

「コンスタンタン♪コンスタンタン♪」と

歌いながら帰ったそうな。

私のアルル観光は以上です。

疲れもあり

早めに引き上げてしまったのですが

小さい街に見どころがギュ~!!です。

もっと楽しめそうですね。

ゴッホゆかりの施設もありますし

ローマ時代の遺跡もたくさんあります。

お天気も曇りでしたが

ダウンを着ていれば、ノープロブレム!

寒すぎることはありません。

(観光した日は3月初め)

何より、徒歩圏内で

いろいろ見て回れるのがいいですね。

有名な観光地のわりに

人が少なかったので

落ち着いてゆっくり鑑賞できました。

アヴィニョンからアクセス抜群

アルルにぜひ行ってみて下さい!

(※2018年3月の情報です)

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。