スポンサーリンク

 

 

アヴィニョンを観光③ 市場などを街歩きしました。

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

アヴィニョン観光パート③

今回は、観光施設以外のものをご紹介。

お気楽に楽しんでいる感じを

味わってもらえたらと思います。

フランスは2回目になりますが

久しぶりのフランスに興奮してしまいました!

と言うのも…

みて下さい、この食べ物たち!

お~! This is 夢の国!!

こんなに美味しそうなパンを

駅で普通に売ってるの。

こんなものを朝から食せるなんて…

なんてフランスは幸せの国なんだ~!!

(値段もフランスでした(^^)v)

アヴィニョン中央駅を出ると

いきなり…

こんな城門が待ち構えているのよ。

城門に続く塀。

城門や城壁は

教科書やドラクエの世界だったのですが

実物を見ると本当にあったのだと実感。

中世ヨーロッパが

そのまま現代にあるわけですよ!!

歴史を肌で感じるとは、こういう事なんだね。

アビニョン中央駅から

城門を通って延びる道路は直線です。

この道は、教皇宮殿につながります。

教皇宮殿を中心に街が作られたのですね。

街のつくりが昔のまま。

「何にもないところだけど…

ゆっくりしていってね…」

幸薄そうな像。

朝食は市場に行くことにしました。

アヴィニョン中央市場

市場の入り口を右側から撮ってみる。

自然に優しそうな感じですね。

中は食べ物屋さんがたくさん。

大きくはありませんが

フランスらしいおしゃれなお店が

並んでいましたよ。

お~チョコレート♪

フランスのチョコレートってうまそうだな。

フランスらしい惣菜。

こだわりぬいてるように見えるパン。

チーズ達。

うまそうなものばかりです。

ワインももちろん売ってますし

カフェもありました。

カフェでは、地元民が大勢いました。

憩いの場なんだと思います。

私が買ったのは

このパン。

フランスでよく見かける

パン・オ・ショコラです。

一つ、1ユーロ(約135円)。

※1ユーロ=135円で計算しました。

美味しい、とても美味しい!

焼き立てで本当にうまかった。

この味は市場でしか味わえないと思う。

うまいパンをかじりながら

フランス~な道を歩く。

すっかり気分はフランス人です。

この薄茶色い屋根がフランスですね。

他の国はもっと色が濃いもんな~。

葉の散った木も、薄茶色の建物も

茶色い川も全てフランスです。

お土産と言えばラベンダー関連商品。

薄茶色に紫は映えます。

フランスはパリやリヨンのような

大都市もいいですが

こういった地方都市もまた

フランスの大きな魅力だと思います。

ぶらぶら街歩きを楽しめる

そんなアビニョンはいかがかな?

アビニョン観光パート③

レポーターはtakoでした。

(2018年3月の情報です)

良ければこっちも見てね!

アヴィニョン観光パート①

[blogcard url=”https://travelcats.biz/avignon-tour1/”]

アヴィニョン観光パート②

[blogcard url=”https://travelcats.biz/avignon-tour2/”]

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク