スポンサーリンク

 

 

捻挫で学んだこと 国の感じ方について

よければシェアお願いします!

現在捻挫治療中のtakoです。

捻挫って、日本ではしたことがないのに

海外では2回目。

浮ついた気持ちが

足元を緩くするのだろうか。

と、自己分析してみる。

捻挫自体は痛かったし

ものすごく困ったことなので

2度とごめんではありますが

捻挫をしたからこそ気が付くことって

あるんですよね。

ポルトガルの印象は

落ち着いた国だった。

イギリスは楽しい国だけど、落ち着かない

けど、ポルトガルは落ち着く。

実際に、私はポルトに3日いて

身も心も元気になった。

頭痛もなくなり、よく眠れるようになった。

私にとって

ポルトガルは元気を与えてくれた国だ。

それが変化したのは捻挫をしてから。

捻挫をすると歩くこともままならない。

しかし、ポルトには坂道が多い。

つまり下り坂も多い。

捻挫した人間には、下りも上りも辛い。

特に下るときは足に変な力が入り

痛いのと筋肉が無駄に疲労するのと。

そして、リスボンに着いてからだが

エスカレーターやエレベーターが見当たらない。

あるとは思うのだが、見つけられない。

うそでしょ~( ;∀;)

乗り換えしないといけないのに( ;∀;)

結局すべての駅で階段を利用した。

目の前に電車が来ていても見送るしかない。

私は急いで階段を降りれないのだから。

後日エレベーターを発見したが

もう少し見つけやすいと助かるな~と思った。

「誰か荷物もってくれないかな~」と思うが

シャイなポルトガル人は気にはかけてくれるが

手伝ってはくれない。

ちょっと冷たいな~なんて思ったり。

おそらくロンドンだったら

坂道はないし

エレベーターやエスカレーターは

標準装備。看板や案内も親切。

困っていたら声をすぐにかけてくれると思う。

初めにポルトガルに感じた印象は

「落ち着く国」

捻挫をしてから感じた印象は

「不便な国」

状況が変わると、感じ方が全く変わる。

おそらく両方間違っていないのだ。

一つの国の感じ方がこんなにガラッと

変わったのは初めてかもしれない。

怪我をせずにスペインに移動していたら

「いいところだったよ~。ポルトガル最高!」

とか言っていたのだろう。

そして、友達に勧めていたのかもしれない。

あぁ~、浅はかだ。

その国の一部分をすべてのように語るなんて

本当に、浅はかだ。

結果的にではあるが、ポルトガルの

違う一面を見られてよかった。

他の国よりは

深く知ることができたと思うから。

どんな経験でも学びはあるものだ。

でも

やっぱり…

捻挫は二度としたくない~!!!

( ゚Д゚)!!!

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク