スポンサーリンク

 

 

スペインの有名店でチュロスを食べました。ほか、カフェの事など。

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

スペインでは観光に精を出す予定でしたが

そんな気分になれないようなことが続く。

そのため?

食に気持ちが向いている今日この頃です。

日頃は有名店とかあまり興味ないのですが

たまには行ってみてもいいかなぁ…

と思いまして

ランチにマヨール広場(マドリード)の

有名な生ハム屋さんに行きました。

二度と行くことはないと思いますが

いろいろ勉強になりました( ゚Д゚)ケッ

それとは別に、マドリードには

チュロスの有名な老舗店があるそうで

そこにも行ってみました。

店のお名前は

Chocolateria San Gines(チョコラテリアサンヒネス)

ものすごく有名らしく

ネットで調べたら口コミの嵐です。

驚くべきことに、24時間営業!!

場所は、マヨール広場の近くです。

マヨール通りを少し中に入ってく感じ。

この看板を目印に進んでいきます。

昼は混むらしいので早朝に行きました。

コチラが入口です。

1894年が創業なんですね。

早朝にもかかわらず

地元民と観光客でほぼ満席でした。

なんと日本語のメニュー表がありました。

(しかも日本語が正確!)

日本人がたくさん行くのね~( *´艸`)

お酒も飲めるみたいですよ!

はじめにお会計を済ませます。

私は一番上の

「チュロスとホットチョコレート」をオーダー。

4ユーロ(約540円)でした。

※1ユーロ=135円で計算しました。

とってもお手頃ですね。

人気の理由が少しわかってきました。

来ました~!!

チュロスとホットチョコレート💗

いっただっきまーす!!

モグ(´~`)モグモグ

モグ(´~`)モグモグ

チュロスは、美味いが少し油っぽいかな?

ホットチョコレートをつけて食べると

油っぽさがおさえられ、食べやすい。

てか、チョコレートが最高に美味い。

もんのすごく美味いじゃないか!

残ったホットチョコレートを

ごくごく飲んでしまった!!

お替りがしたいぞ~( ^^) _旦~~

人気の理由がとてもよくわかりました。

チュロスといえば

バレンシア市場、入口隣の

チュロス屋さんがうまかった。

いかにも市場っぽい店構えと

店員さんだった。

チュロスをオーダーする、3.5ユーロ(約473円)

コチラは、チュロス自体が食べやすく

ホットチョコレートは残したまま

チュロスを先に食べつくしてしまった!

店が違うと、味が違うんだね。

両方とも美味しいけど( *´艸`)

スペインではよくカフェに行きました。

バレンシアでは、北駅近くのこんなカフェ。

「SAVOIARDI」と言うお店。

ここが最高に居心地が良かった。

美味そうなマフィンとカフェオレ。

それがさ、安くて美味い♪

しかも内装がおしゃれ!

ここはたまたま見つけたが、最高に当たりだった。

バルセロナでもカフェ三昧。

ホステル近くにあったカフェ。

マフィンが…マフィンが…

最高に美味かった( ;∀;)

ハンドメイドなので、ここでしか食べられない!

いやーマフィンって美味しいんですね。

バルセロナのはずれにこんなカフェも。

ホットチョコレートがうまい。

量、味、値段。

全く隙のない、完璧な商品だった。

あぁ幸せの国スペイン。

粉物やチョコレートが好きな人間には

たまらない国スペイン。

Fin.

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク