スポンサーリンク

 

 

【スペイン一人旅・食事日記】マドリード・バレンシア・バルセロナの安い美味いを求めて。

よければシェアお願いします!

この記事では、スペインで過ごした6日間の食事を紹介します。

「旅行といえば食事!」という人も多いはず。

私の食事が参考になるかどうかわかりませんが

一人旅気分を味わってもらえたらと思います。

私の場合は、レストランのような

ちょっと高めのお店には入らずに

地元の人が愛用してそうなカフェや

飲食店・スーパーで食事を済ませることが多いです。

マドリードやバレンシア、バルセロナの食事日記をご覧ください。

スペイン旅行の食事日記 安い美味いを求めて。

◎1日目 マドリードの食事

朝食

朝食セット 3.9ユーロ(約527円)
※1ユーロ=135円で計算しました。

さすがスペイン!目の前でオレンジを絞っていた。

それがまんまでてきた🍊

すんごく美味しかった。

昼食

バーガーキングのバーガーセット

4.9ユーロ(約662円)

食べ応えを求めていたら、ここにたどり着いてしまった。

ドリンクのカップがとても大きいのですが

自分で注いで飲むパターンです。

安定のバーガーキングでした。

夕食

画像なし

洋ナシ 0.55ユーロ(約74円)

ときどき無性に食べたくなる洋ナシ。

甘くてみずみずしいのがたまりません。

◎2日目 マドリード

朝食

チュロス、ホットチョコレートセット

4ユーロ(約540円)

マドリードにあるチュロスの人気有名店

「Chocolateria San Gines(チョコラテリアサンヒネス)」にて頂く。

チュロスがちょっと油っこい💦

でも、ホットチョコレートに付けて食べると

美味しい( *´艸`)

ホットチョコレートが美味しかったです。

こちらの記事に詳しく載ってます。

スペインの有名店でチュロスを食べました。ほか、カフェの事など。

昼食

パエリアが一皿、 揚げた魚と生ハムが一皿。

9.5ユーロ(約1,283円)

パエリアはまぁまぁかなぁ~。

マドリード中心部の広場にあるレストランですが、接客も味も私にはイマイチだった。

夕食

スーパーで買ったジュースや板チョコ。

2.6ユーロ(約351円)

真ん中の板チョコが美味しかった。

◎3日目 マドリードからバレンシアへ移動

朝食

チーズケーキ 1.5ユーロ(約203円)

アトーチャ駅の構内で購入のお店で購入しました。

うまかった…( *´艸`)

昼食

バレンシアに到着後、最初の食事はマックのセット。

3.9ユーロ(約527円)

何が美味しいのか分からず、迷った末のマック。

安定のお味で美味しかったな~。

夕食

画像なし

スーパーで買った具材でサンドイッチをつくり、頂く。

生ハム、チーズをパンで挟むだけでうまいんだよね。

止まらなくて食べすぎたの巻。

◎4日目 バレンシアの食事

朝食

昨日のサンドイッチの残りのため省略させて頂きます。

昼食

チュロスとホットチョコレート

3.5ユーロ(約473円)

バレンシア市場正面のチュロス屋さん。

いやーチュロスって美味しいですね!(^^)!

チュロスだけで十分いけます!

夕食

ケーキ 1ユーロ(約135円)

チョコクロワッサン 1.5ユーロ(約203円)

あ~美味しいよ~

パン好きには幸せな国ですよ。本当に。

◎5日目 バレンシアからバルセロナへ移動

朝食

チュロスとホットチョコレート

3.5ユーロ(約473円)

バレンシア市場正面のお店が美味しくて2度目。

昼食

マフィンとカフェラテ

2.5ユーロ(約338円)

バレンシアの駅近くにあるカフェ。

これが雰囲気も接客も味も全てが最高のカフェでした。

おやつ

市場で買ったイチゴ 1ユーロ(約135円)

サンドイッチ 3.3ユーロ(約446円)

市場のイチゴが本当に美味しくてね~

みずみずしいし甘いし、安い!

ヨーロッパの市場は野菜や果物が安くてうまい!!!

夕食

カフェラテとトースト

3.85ユーロ(約520円)

バルセロナにてホテル近くのカフェ。

朝食のような晩御飯。うまいです。

◎6日目 バルセロナの食事

朝食

マフィンとカフェラテ 5.5ユーロ(約743円)

これもホテル近くのカフェですが

マフィンが美味しいのなんのって。

なぜスペインはこんなにマフィンが美味しいのだろうか?

昼食

ピンチョス3つと水 5.5ユーロ(約743円)

食べごたえ満点の美味しいピンチョスでした!

ピンチョスとは?
一口サイズに切ったパンの上に具材を載せて串を指した料理

スペインと言えば的な料理ですね。

街中でも食べることができますが

バルセロナのブライ通りはピンチョスが安くて美味しいらしい。

実際に安くて美味しいピンチョスだった。

街なかのピンチョスは値段が高め。

安くて色々食べたいのであれば、ブライ通りはおすすめです。

夕食

サラダ 6.3ユーロ(約851円)

バルセロナ中心地の有名なタパス屋で頂く。

オーダーしてからの待ち時間が長く、味も普通。

私にはちょっと頂けないタイプのお店だった。

◎7日目 バルセロナの食事

昼食

ピンチョス 6.3ユーロ(約851円)

昨日の味が忘れられず、またブライ通りのピンチョスを食べに参上。

また今日も来てしまった。

ほぼハズレがなく、どのピンチョスを食べても美味しいです。

おやつ

ホットチョコレート 2ユーロ(約270円)

うまいし、量あるし、安いし。

ブライ通り周辺は、地元民が利用する安くて美味しい店が多いのだと思う。

夕食

マフィン 2.2ユーロ(約297円)

これもブライ通りで買ったマフィン。

安いわ、うまいわで最高です。

さすがに甘くて2つ食べきることはできず。

スペイン食事日記まとめ マドリード・バレンシア・バルセロナ編

スペイン一人旅の食事日記をご紹介しました。

マドリードでは、チュロスを頂き

バレンシアでは、フルーツやサンドイッチ

バルセロナでは、マフィンやピンチョスを頂く。

スペインには安くて美味いがいっぱいありました。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク