スポンサーリンク

 

 

ページ旅行記①ホースシューベンド&アンテロープキャニオンを観光!絶景を楽しむ。

よければシェアお願いします!

6月8日 世界一周32日目

昨日ページに移動してきました。

ページ周辺には有名な見どころやツアーが多くあります。

さて今日の観光は

・ホースシューベンド
・ロウアーアンテロープキャニオン

以上2ヶ所を観光しました。

アメリカンな観光の様子をお楽しみください。

アメリカ旅行の流れ(14日間)

1日目 フェニックス
2日目 セドナへ移動
3日目 セドナ
4日目 セドナ
5日目 グランドキャニオンへ移動
6日目 グランドキャニオン
7日目 グランドキャニオン
8日目 ページへ移動
9日目 ページ(←今回の記事はココ)
10日目 ページ
12日目 フラッグスタッフへ
13日目 フェニックスへ
14日目 レンタカー返却

ホテルの朝食が意外に豪華だった

7時半起床、ホテルの無料朝食を頂く。

ホテルの雰囲気や受付の感じからあまり期待していなかったが

思いの外豪華な朝食だった。

※私達が撮っていた唯一の朝食画像

朝食会場には多くの人がいた。

最近よく中国人を見かけるが、朝食会場にもたくさんいた。

声が大きいので、どこに居てもすぐ分かる。

不思議な感じだが、アメリカの地でアジア人の顔を見ると妙に落ち着く。
(日本では絶対に味わえない感覚だ)

ホテルの朝食を文字で説明

ホテル(レイクパウエルキャニオンイン)の朝食をかんたんに説明すると

フード

・甘そうなパンが種4類
・甘そうな小さいパンが4種類
・普通の味なしパン
(ジャムとかクリームチーズをつけたら美味しそうなやつ)
・シリアルが4種類

・ヨーグルト
・オートミール
・ワッフル作成機

ドリンク

・コーヒー
・紅茶
・チョコレートドリンク
・牛乳
・フレッシュ果物ジュース4種類

など、盛りだくさんだった。

選びきれず、美味しそうなものは片っ端から皿に乗せる。

お陰でもりもりとなったお皿。

全部食べることは出来なかったが、いろいろ味見ができた。

多かったものは部屋に持ち帰り、午後のおやつとなった。

期待通りの味だった。

以上私の朝食レポである。

ホテルの評価は(3.3点/5点)と微妙だが、朝食は美味しいホテルでした。

レイク パウエル キャニオン イン

ホースシューベンドを観光する。

朝食の説明が過剰になってしまったが、次は観光の話へ。

セドナで出会った3人組にもおすすめされた「ホースシューベンド」

どんなところかと言うと・・・

ホースシューベンド

コロラド川が馬の蹄(ひずめ)ように急カーブに流れる場所。

その景観がダイナミックで、人気の観光地。

写真をきれいに撮りたいなら、午前中がおすすめ

ということで、本日最初の観光地に選びました。

私達はページのホテルから車で移動。13分かかりました。

ツアー(日本語ガイド付き)で行くことも可能。

※調べてみるとホースシューベンドのみのツアーはありませんでした。
アンテロープキャニオンやセドナなど他の観光地とセットのツアーです。

ホースシューベンドを含むツアー
icon

※ホースシューベンド入口にあるゲート。

入口にはゲートがあり、ここで料金(10ドル)を支払いました。

現金で払いましたが、カード払いも可能。

ホースシューベンド入場料
車…10ドル
バイク…5ドル

駐車場は広いなので、安心して停めることができます。

※おっちゃんが一生懸命掃除してくれてた。

立派なトイレがいくつもあります。ご安心ください!

個人的にはかなり助かる(≧∇≦)b

ホースシューベンドは駐車場から約1キロの距離で

とてつもなく暑い中、砂漠を15分程度歩くことになります。

※雲ひとつない最高の天気だが、ちょっと辛い。

この道中がなかなかにハードでした(^_^;)

時刻は午前9時半ですが、とにかく暑くてお肌がチリチリする。

ドリンクは絶対に持っていったほうがいいですね。

↓↓↓こんな看板もあったし。

「一人一本水を持っていくんだぞ!」と注意をうながす看板。

坂を登った先は、見晴らしが良かったです。

先にホースシューベンドが見えてきました。

もうちょっとではないが、ゴールが見えるとうれしい。

さぁ人々の後を追いましょう!

ホースシューベンドお目見え。

歩いて15分、到着しました。

こちらがホースシューベンド(馬の蹄)です。

期待通りの大きさと、期待通りの景観です。
(これってなかなかないですよね?)

とにかくダイナミックで、スケールが大きいです!!

見事なまでの馬の蹄(ひずめ)

ホースシューベンドの横にある崖。

岩がゴツゴツしていて迫力満点の景色。

人と比べてどれだけ大きいかが分かりますね。

川の下まで300mあるらしい。

おかげで川をのぞき込む度に、身体が縮み上がる感じがある。

高所恐怖症にはかなり恐ろしい光景です。

※高所恐怖症のためビビりながらの撮影

撮影スポットで姉に写真を撮ってもらうも、怖くて立ち上がれません。

「ちくしょう、怖いよ~(T_T)」

と言いながら、何枚も写真を撮る。

だって景色が素晴らしいのだから。

よく見るとコロラド川に人がいる。

ボートに乗っているようだが、そんなツアーがあるのかな?

川の色が見事なまでに緑色。

場所を移動して、かっこいい景色を片っ端から撮影。

熱中症になりそうな犬や

日本人カップルなどいろんな出会いがありつつ

撮りたいだけ撮りまくった。

思い出深いのは、もふもふのわんこ。

熱中症になりそうと心配しつつも、可愛らしい姿にカメラが止まらない。
※飼い主に撮影許可を頂いてます。

わんこは注目の的で、ホースシューベンドのアイドル状態だった。

あ~楽しかった。

心から堪能して、ホースシューベンドを後にする。

ランチはウォルマート

その後、ウォルマートへ行く。

お気に入りのセイフウェイとは違う品揃えで、セイフウェイより安い。

散々迷いまくってサンドイッチ・サラダ・ケーキを買う。

ホテルで頂き、とても美味しかった!

今回購入したスイーツはこちら。

たまにはアメリカらしいケーキを食べよう!

という事になりホールケーキを購入。

めちゃくちゃ甘いんだけど、美味しいんですよね。癖になる~。

これはしばらく楽しめそうです。

ロウアーアンテロープキャニオンを観光する。

午後はアンテロープキャニオンを観光。

アンテロープキャニオンには

アッパーアンテロープキャニオン
ロウアーアンテロープキャニオン

の2つがあります。

アッパーとロウアーの違い

アッパーアンテロープキャニオン

足場がよく、体力に自信のない方でも楽しめる。
ビーム(光芒)が見たいなら、こちらがおすすめ。
※天から光が差し込みそれはそれは幻想的な景色なのだ。

観光客に人気で、料金も高めです。

ロウアーアンテロープキャニオン

20mの高低差があり、やや足場が悪い。
ただ冒険感があり、アクティブに楽しむことが可能。

アッパーに比べ人が少なく、じっくり楽しめる。

ビーム(光芒)の見られるアッパーですが、時期は7月と8月の正午前後のみ。

今は6月の初旬のため、見ることは不可。

だったら料金が安くて人が少ないロウアーでしょ!

現地ツアーを予約した

一番安く行く方法は現地ツアーに申し込むこと。

2019年6月2日予約
2019年6月8日13:30のツアー

約1週間前に予約しました。

ツアー料金は二人で105.60ドル(11,767円)

利用したツアー会社は「Ken’s Tours」です。

英語での予約となりますが、料金をおさえて観光可能。
※英語がやや話せる方は十分予約可能だと思います

お値段はしますが日本語で予約して、日本語で楽しみたい人はこちらをどうぞ。

アンテロープキャニオンを含むツアー

※ホースシューベンドやセドナなどの観光地とセットまわるツアーです。

ツアーの集合場所へ移動する

ホテルから車で移動すること約10分。

あっという間に到着しました。

ページは便利な場所だな~と感じる。

こちらがKen’s Toursの集合場所となります。

大きな駐車場がありますね。

※この建物でチェックインをして、ツアー開始を待ちます。

午後も最高に素晴らしいお天気の中、ツアーを楽しめそうです。

13:30のツアーですが、30分前までにチェックインをしないといけない。

建物入口でチェックインをして、中に入ります。

ここが集合場所。思ったより人が多い。

ロウアーアンテロープキャニオンって人が少ないんじゃないの??

みんなわいわいしてて、にぎやかなツアーになりそうな予感。

建物内にはお土産屋さん・フード&ドリンク売り場がありました。

ツアーには飲み物が必要ですが、ここでも買えます。

時間になり呼び出しがかかりました。

外に出て、いくつかのグループに分かれました。

こちらのお兄さんが私達のグループのガイドです。

しばらく外で注意事項などの説明を受ける。

アンテロープキャニオンが美しい秘密を知る

注意事項の説明の中に、カメラの撮影設定の話がありました。

ISOとホワイトバランスの調整です。

「なるほど、普通に撮影すると美しさが半減しちゃうのね。」

アンテロープキャニオンの残念な事実を知ってしまいましたが

考えてみたら、当然か~と思い直す。

観光地のパンフレットやインスタなんて、加工してないものはありませんからね。

ガイドさんの説明は当然英語。

よく聞き取れずカメラ設定に困っていると、ガイドのお兄さんがやってくれました。

なんて親切…(T_T)

デジカメも、スマホも設定完了。

出発です。

ついにツアーが始まった

ぞろぞろと進んでいきます。

屋根の先は下り坂。

滑りやすくてスリルがあった、というよりちょっと危険だった。

その先が、いよいよロウアーアンテロープキャニオンです。

あぁ楽しみ~楽しみ~\(^o^)/

どんなきれいな景色に合えるのかな~♪

こちらが入口手前の階段。

傾斜があるので注意が必要です。

確かにロウアーは足腰が元気な人向けですね。

ちなみに階段の途中での撮影は一切禁止されており

もし3回注意されたら、問答無用でツアーから外されます。

実際に3回注意され、泣く泣く帰った人がいたようです。

しかし、お客様が多いのかなかなか進まない階段。

ちょっと進んではしばらく待つ。

ちょっと進んではしばらく待つ。

を何度も繰り返していた。

今日はずっとこんな調子なんだろうか。

待ち時間が長く魂が抜けかけた頃、やっと中に入れる。

一気にテンションが上りはじめる。

いよいよアンテロープキャニオンだ!!!!

これぞアンテロープキャニオン!

なんて幻想的な雰囲気。

なんて美しい景色。

ここも予想を裏切らない素晴らしい観光地だった。

しかしカメラを下に向けると・・・

※皆さん美しい景色(天井)に夢中です。

人がギュウギュウ🐮🐮

ロウアーって人が少ないんじゃ・・・(^_^;)

土曜日だったから人が多かったのか?

たまたまか?

そりゃなかなか進まないわけだな、と妙に納得。

ただ、美しい景色が頭上にあるので、きれいな写真は撮りやすい。

みんな思い思いに撮影を楽しんでいた。

前半より後半のアンテロープキャニオンが超絶美しかった。

何を撮っても幻想的。

それはそれはすんばらしい写真大会となった。

ガイドさんはテクニシャン

ガイドさんが美しい写真を撮るテクニックをお持ち。

しかもみんなのカメラできれいに撮ってくれる。

女性の横顔

髪の毛の質感とかきれいに表現されてて、最高!

お見事という一言に付きます。


タツノオトシゴ

青い空がタツノオトシゴの形になっていますね。

他にもきれいに見えるポイントをいろいろ教えてもらい

写真をたくさん撮ってもらいました。

さらにラッキーなことに

日本人夫婦(夫婦専用のガイドもいた)と同じグループだったので

会話したり、夫婦専用のガイドさんに色々教えてもらえた。

本当に色々教えてくれてさー。

英語だったら絶対に聞き取れてないけど

日本語で解説してくれたおかげでよく理解できた。

ツアーのご夫婦もいい感じの方々で、楽しくおしゃべりできた。

そんなこんなでツアーは終了。

通常は1時間で終わるツアーなのですが

今日の所要時間は1時間半でした。

確かに混んでいたもんな~、でもあっという間の1時間半。

ガイドのお兄さんやご夫婦&ガイドのおかげで、最高に楽しいツアーとなりました。

本当に行ってよかった。

当然、ガイドのお兄さんへのチップはハズみましたよ。

ホテルに帰る

アンテロープキャニオンの余韻が凄まじく

後ろ髪を引かれる思いで、ホテルに帰宅。

お昼に買ったケーキとお茶を頂きながら休んだ後は

記憶が新しいうちに日記やメモを作成しようと、パソコン作業に取りかかる。

予想通りだが、スマホもデジカメもかなりの枚数の写真を撮っていた。

しかも同じようなものばっかり・・・(^_^;)

まぁそれだけ感動したってことで。

明日は、レインボーブリッジ国定公園のツアーだ。

今日みたいに楽しいツアーとなりますように!

続く

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。