スポンサーリンク

 

 

ペルー旅行記①リマは空港泊で決まり!通路で仮眠はとれるのか!?

よければシェアお願いします!

世界一周6日目

5月14日の午前中に仁川国際空港(ソウル)を出発して

5月14日の夜にペルーのリマ(ホルヘ・チャベス国際空港)に到着しました。

時差の関係で、同じ日に到着したことになるのよね。

移動時間は27時間なのに・・・

到着時刻は遅めの夜なので、空港泊で仮眠を取ることに!

リマは空港泊で決まり!その理由は?

空港への到着時刻が深夜の場合

そのまま空港に泊まったほうが安全な場合があります。

特に治安の悪い国では、空港で泊まって

夜が明けてから、公共交通機関を利用するのがベターです。

今回私達は、リマのホルヘ・チャベス国際空港に

23時40分に到着したので

そのまま空港で宿泊し、仮眠をとることにしました。

リマの空港のどこで仮眠をとるのだ??

今まで何回か空港泊をしましたが

だいたい椅子の上で横になって寝ていました。

快適ではありませんが、まぁ眠れなくも無い。

さて、今回の寝床はどんなところかな~??

ということで、空港の2階に移動しました。

清潔でいい感じの雰囲気です。

多くのお店が開いていました。

すると・・・

いました~!!

空港泊仲間!!!!

通路の左右に場所をとって、仮眠をとっています。

椅子は無いようなので、床で寝るしか無いみたい。

こんなに仲間がいると安心して眠れそうですね。

リマで空港泊をするのは、割とメジャーな選択肢。

日本人の旅行記でもよく見かけます。

リマの空港は警備員もいますし

24時間開いているカフェもあります。
(カフェで朝まで粘るのもアリ!)

危険な雰囲気もなかったので、大丈夫そうですね。

しかし、画像の場所はほぼ満席。

もうしばらく歩いて探してみます。

少し行ったところに、いい場所がありました。

夜も遅く、疲れているのでさっさと寝ることにします。

その絵面がコレ・・・

結構酷い(;´∀`)

床にはどこかでゲットした毛布を敷いて

カッパを毛布代わりにして寝ました。

もちろん貴重品は肌身はなさず。

横になってしばらくしますが、なかなか寝付けず。

人通りが多いし、明るいし。

挙句の果てに、通路の掃除が始まりました(汗)

強制移動です(;´∀`)

やれやれ・・・

ということで、新しい寝床。

なかなかいい感じでしょ??

やや人通りの少ない通路に移動しました。

それではお休みなさ~い☆☆☆

通路での空港泊はどうだったのか?快適さなど。

結論から言うと、寝た気がしません。

「治安が心配で眠れない、不安で眠れない。」

ということは全くありませんでした。

通路にしては、いい感じの姿勢で横になれましたし

大勢の仲間もいたので、リラックスして眠れたと思います。

防寒着もあったので寒くなかったし。

ただ、ライトがとっても明るくて

人が結構にぎやか。

通路で心底リラックスできるわけもなく

寝ることは出来ましたが、十分に寝た気がしない

と言う感じです。

空港隣のホテルに泊まるのも、いいかもしれませんね。

空港となりのおすすめホテル↓↓↓
コスタ デル ソル ウィンダム リマ エアポート

飛行機を乗り継ぐ時にも良さそうです!

まとめ

ペルー旅行記の1番目!

リマ空港の通路で仮眠はとれるのか?のレポでした。

空港泊にしては快適でしたが

ホテルでも良かったかな~とも思う。

空港泊は、メジャーな手段なので

ホルヘ・チャベス国際空港を利用するときは、参考にしてもらえたらと思います。

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。