スポンサーリンク

 

 

韓国旅行記①福岡から釜山へフェリー移動!行き方や感想まとめ!

よければシェアお願いします!

本日は5月9日。

世界一周一日目になります。

初日と言えば「ワクワク全開!!」な気分のはずですが

最高に体調不良です(;´∀`)

そんな初日は博多港から釜山に向けてフェリーで移動です。

博多→釜山・フェリーチケットの手配方法

「ダイレクトフェリーズ」というフェリーチケット予約サイトから予約&購入。

(世界中のフェリーチケットが日本語で予約出来ます!)

以前、ギリシャでフェリーに乗った時にダイレクトフェリーズを利用。

それ以来、お得なフェリーチケットの案内が送られていました。

たまたま「博多→釜山のフェリーが30%オフ」という案内を見つけ

利用することに。

利用日 2019年5月9日

博多港 15時10分発→釜山港18時55分着

料金 5,759円(クレジット決済)

予約完了後、メールで予約確認書が届くので、それをコピーする。

フェリー運行会社「JR九州高速船BEETLE(ビートル)」から

直接予約&購入もできるみたい。

チケットの種類によっては直接購入したほうが安かったです。

ほかにも燃油サーチャージ代や港利用料などかかりますが

これらは乗船当日に払います。

乗船当日の様子&感想

博多港から出発するけど、自宅は九州ではありません。

ということでまずは新幹線で「博多駅」を目指します。

自宅から博多駅までの所要時間、4時間。

博多駅から博多港国際線ターミナルへは、普通バスで移動。

利用するバス 88番 or BRT(快速)

区間 博多駅シティ銀行前(F) → 博多港国際ターミナル

所要時間 20分

しかし、絶賛体調不良の私は

恐ろしくてバスに乗ることが出来ず、徒歩で向かう。

付き合わされた姉が気の毒・・・💀

移動方法 徒歩

所要時間 45分

結果 5月だが暑くて、ものすごく疲れる。

バス代節約&到着したときの達成感はバスでは感じられない。

博多港国際ターミナルでチェックイン

出航時刻の45分前までにチェックインを済ませる

出航時刻の30分前までに出国審査を済ませる

出航時刻の15分前までに乗船口に行く

というのがルールらしい。

歩いて博多港に行けるぐらいですから

かなり余裕を持って到着することができました。

チェックインの流れ

券売機で港使用券を購入する。(500円)

「入国カード」「旅行者携帯品申告書」を記入。

日本語の記入見本があるので安心。

チェックインカウンターで手続き。

予約確認書を提出し、乗船券を発券してもらう。

燃油サーチャージ(1,100円)

国際観光旅客税(1,000円)を支払う。

現金決済のみでした。カード不可。

ちなみに、飛行機みたいな荷物預けはありませんでした。

2階の出発ゲートで待つ

手続きを終えて、しばらくここで待ちます。

かんたんな売店もあり、ゆっくり過ごす。

これから世界一周が始まる感があまりなかったんだよなー。

普通に韓国旅行の気分。

出国審査→乗船

時間になり出発ゲートがオープンしました。

出国審査を済ませ、いよいよ乗船となります。

船内の様子と所要時間

こちらが普通席のシート。

座り心地はいい感じ。

グリーン席もあるので、試してみてもいいかも。

船内設備のご紹介

席の後ろに荷物置き場がありました。

大きな荷物も安心ですね。

男女別のトイレあり!

USBポートあり!

Free Wi-Fiあり!

船内販売あり!

天気もよく揺れもそんなに気になりませんでした。

快適な移動になりそう!!

と、思っていたのですが

絶賛体調不良の私はちょっとした揺れが気持ち悪く感じる。

(健康体なら気にならない程度です)

そして、船の通り道に

「鯨など海生生物が多く目撃されている海域」があるらしく

その区間走行中は、安全上の理由でトイレが使えないとアナウンスされる。

(歩くと危ないよってこと)

体調不良なのにトイレが使えないなんて・・・

そんなことがないと思ってフェリーにしたのに・・・

しかも、鯨など海生生物が多く目撃されている海域が広くて

ずっと利用できない状況が続く。

辛い・・・(;´∀`)

しばらくして、何人かの男性が普通にトイレを利用している。

「なんだ、使っていいのかよ~」とほっと一息。

トイレ利用後、ローマの休日が日本語字幕で流れる。

何度見てもいい話だな。

オードリ・ヘップバーンはキュートだな。

と思っているうちに釜山港に到着。

所要時間について

博多港15時10分発→釜山港18時55分着予定でしたが

予定より10分早く釜山港に到着しました。

所要時間は3時間35分。

博多から釜山のフェリー移動にかかった費用まとめ

予約時にかかった費用

船の乗船券 5,759円

(予約時にクレジット決済しました)

乗船当日にかかった費用

燃油サーチャージ 1,100円

国際観光旅客税 1,000円

港使用券購入 500円

(すべて現金のみの支払いです)

トータル 8,359円

LCCを利用したほうが安そうですね。

ただ、荷物の大きさや重さを気にせず利用できたのは良かった。

釜山港に到着してから・・・

釜山港からはバスでホテルに移動しました。

バス停はちょっと場所がわかりにくい。

一度地下へいってから道路に出るイメージです。

観光案内所があるので、聞けば教えてくれます。

釜山評判の韓国料理屋「トルゴレ」を堪能

ホテルのお姉さんに紹介してもらった韓国料理屋。

グーグルマップで「トルゴレ」と検索すると見つかります。

ボリュームもりもりの韓国料理。

早い、安い、美味い!

姉がとても美味しそうに食べていました。

私は体調不良のため刺激の少ないものを少し頂く。

釜山の夜景を楽しむ

釜山の夜景はきれいでした。

その後ホテルに帰って、ゆっくり休みました。

まとめ

「韓国旅行記①福岡から釜山へフェリー移動!行き方や感想まとめ!」

をお送りしました。

博多・釜山間が往復で6000円切ることもあるらしく

料金的な魅力はかなりありますね☆彡

フェリー乗り場も博多駅からアクセス抜群ですし

船内の設備も充実しています。

デメリットは天候に左右されるところと

(悪天候だと揺れるし、欠航の可能性もある)

4時間座りっぱなしは辛かった(;´∀`)

節約したい人や体が元気な人にはとてもいい移動方法だと思う。

とりあえず無事に移動できてよかった(T_T)

世界一周の旅はこれから始まります。

もし良ければ、これからもお付き合いくださいね。

今回利用した、フェリーチケットサイトのご紹介。

世界中のお得なフェリーチケットが、日本語で予約できます!!

タイミングによっては30~70%引きのチケットもありますよ。

「ダイレクトフェリーズ」はこちらから♪

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク