スポンサーリンク

 

 

エルサレム観光、最後の晩餐の部屋などを見学しました。(2018年1月)

よければシェアお願いします!

エルサレムツアーズにようこそ!!

当ツアーズは

ガイドのtakoが実際に行った観光地を

皆様にご紹介。

さっさとツアーに参加すればよいものを

何とか自力で観光しようとする

takoの道中をお楽しみください。

温かい目でお付き合いいただけると幸いです。

今日は旧市街を一歩外に出たところにある

見どころをご紹介します!!パートⅡ

今日のツアーは…

①シオン門

②最後の晩餐の部屋

③ダビデ王の墓

④マリア永眠教会

以上のルートで観光予定です!

シオン門からスタートです。

ヤッフォ門から歩いて

10分くらいのところにありました。

これで「シオン」と読むんですね~。

へー。

では、レッツラゴー!!

今回は、門を出ると

早々に案内看板ありました。

道なりに進むと…

歩いて5分もしないうちに着きましたね~。

早速、ダビデ王の像がお出迎えですよ~。

ダビデ「おっ、日本からよく来たね。」

tako 「ありがとうございます、ダビデ王。

今からお邪魔します。」

ダビデ「うむ、ゆっくりしたまえ。」

ダビデ王は古代イスラエル王国の王。

ダビデ王の墓は

ユダヤ教の人たちにとって

嘆きの壁に負けないくらいの

聖地かと思われます。

歩いていたら

こんな看板を見つけてしまいましたよ。

Room of the Last Supper

「最後の晩餐の部屋」

レオナルドダヴィンチの名画

「最後の晩餐」の舞台ですね。

ここか~。楽しみ~♪

早速入ってみましょう!

ん?人しかいないぞ?

ツアー客にあたってしまい、人人人。

ここが最後の晩餐現場か…

(ただの部屋だな…)

ツアー客が去るのを待ったのですが

次のツアー客がどんどん来るので断念。

部屋を出て、階段を下ります。

さぁ次は、ダビデ王のお墓ですよ!!

進もうとすると、おっちゃんに止められる。

なんで?と思ったら

こちらに行くよう指示をされる。

ほほー。

男性用、女性用に分かれてるんですな。

嘆きの壁と一緒ですな。

みなさん、気を付けてくださいね!

さて、いよいよダビデ王の墓です…

ドキドキ、ドキドキ。

これが、ダビデ王の墓です。

布で覆われた

大きな石の棺があります。

わたくしも、手を合わせます。

あらゆるところにダビデマークがあります。

窓にも。

床にも。

ダビデ王のお墓って感じがしますね。

しっかり堪能した後は

「マリア永眠教会」に行きます。

あの大きい建物が教会です~。

これが永眠教会の中ですね。

祭壇には、聖母子像の絵があります。

シンプルで、綺麗な教会ですね。

エルサレムでも大きい教会だそうで。

なんだ、これは???

売店もあったので、お土産が欲しい人は

ぜひ見てみてくださいね~。

それでは来た道をまんま戻れば

旧市街ですよ。

お疲れさまでした~。

みなさんたっぷりご堪能いただけましたか?

旧市街の一歩外に出た編パートⅡです。

ものすごく道が整備されていて

迷いようがありませんでした。

一人でも安心ですね(^^)v

エルサレムツアーズ、ガイドのtakoでした。

(※エルサレムツアーズは架空の存在です)

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク