スポンサーリンク

 

 

【台湾一人旅・食事日記②】台中・台北の安い美味いを求めて。美食天国台湾。

よければシェアお願いします!

この記事では、台湾一人旅行で頂いた食事をパート1、2に分けてご紹介します。

今回はパート②で、6日分となります。

「旅行といえば食事!」という人も多いはず。

私の食事が参考になるかどうかわかりませんが

一人旅気分を味わってもらえたらと思います。

私の場合、レストランのような高めのお店には入らずに

コンビニやスーパーなどを激しく愛用。

なぜならそういったお店が大好きだから。

台湾の安くて美味しいを求めて。

やや王道を外れた食事日記をご覧ください。

台湾一人旅・食事日記 安い美味いを求めて。

◎6日目 台南から台中へ移動

スターバックスラテ・レモンタルト

199元(約736元)

レモンタルトが美味しかった。

レモンの酸っぱさとクリームの甘さが融合して

それはそれは幸せなハーモニー🌸

マックセット 99元(約366円)

ジュースの大きさが尋常ではない。

アイスティーが甘かったが

暑い国にいると、それがちょうどよい。

ファミリーマート3点セット

90元(約333円)

おにぎりは美味しいですね。

一番下のシュークリームが好きで実は3回目です。

そして、紙容器のドリンクは

もろ豆乳で飲めなかった…

◎7日目 台中の食事日記

カフェオレ・冷凍大福 105元(約389円)

台湾でよく見かける85℃というカフェ。

冷凍大福はおそらく花生味。

外側のもちがもちふわの面白い食感でした。

台中駅前に売っていたまんじゅう

10元(約37円)

あんこがはみ出るほど入っていて

南国らしい甘みが味わえる一品。

日本で言う大判焼のような感じでしょうか。

マーボー冷麺 45元(約167円)

近所のファミリーマートにてマーボー冷麺を購入。

熱い夜にぴったりな爽やかなお味。

具もしっかり入っていましたよ。

◎8日目 台中の食事

サンドイッチ2つ 49元(約181円)

原味とイチゴ味

台中にある「洪瑞珍」と言う有名なパン屋さん。

何店舗かあるが、私は台中駅に近い店舗に行く。

暑い中パンなんて食べたくないなーと思っていたが

食べてみるとあら不思議!パクパクいける

滑らかな食感のサンドイッチ。

味もくせになる甘み。

台中で流行る理由がわかった気がする。

牛肉チャーハンと貢丸湯

100元(約370円)

台鉄台中駅から歩いて15分の忠孝夜市にて。

味付けが秀逸。

油っこいチャーハンを

さっぱりしたスープで飲み干す。

あぁ美味なり。

◎9日目 台中から台北へ移動

ヤマザキパンとカフェラテのホット

111元(約411円)

チーズトーストと総菜パンです。

総菜パンは、野菜炒めをパンにはさんだ感じ。

そりゃ美味しいですよね。

台湾では日本のお店を本当によく見かけます。

まさかヤマザキパンの

台湾支店にお世話になるとは…

どれも美味しそうでした。

手前 エビのビッグワンタンいり麺 80元(296円)

奥 醤油で炒めた麺 55元(204円)

小皿 湯葉に味をつけたもの 25元(93円)

本日から姉が台湾に来たので

食事内容が急に台湾らしく、かつ豊かになりました。

ワンタン系にはずれなし!

ワンタンの食べ応えがすごかった。

小皿料理はここから選ぶ。

姉が選んだ小皿料理は、湯葉の味付けが煮物系。

食感と相まって箸が進む系。

三越近くの「漢口街一段」の通り沿いにある店。

店員のおねー様方の手際の良さが最高。

日本語も対応してます。

◎10日目 九份へ日帰り旅行

揚げたパン 65元(約241円)

味が薄く、中がスカスカ。

スナック的な感じでしょうか?

でもなんかくせになる感じの一品。

九份への道中、瑞芳駅正面のOKマート近くにあるパン屋。

地元のパン屋って感じでしょ?

一口餃子 40元(約148円)

ネコ駅(平渓線猴トン駅)にて。

姉は本当によく食べるな。

一つ頂く。ソースをかけても美味しい。

草餅 1つ15元(56円)

九份にある行列のできる饅頭屋。

地球の歩き方に載っていた

「阿蘭(アラン)」というお店。

外側のもちが柔らかくて舌触りが良い。

あんこがあんこらしい甘みで

食感と味にとろける一品。

切り干し大根入りのまんじゅうは

切り干し大根の存在感が抜群だった。

もちと切り干し大根を別々に食べてもいいと思う。

明日には姉が帰国するので、最後の晩餐で奮発。

松山にある有名な夜市にて。

トータル 290元(約1,073円)

これだけ頼んで1,000円なんて、台湾は安いな~。

そしてハズレが一つもなく、全部美味しかった。

やはり定番商品は美味しいものが多い。

◎11日目 台北の食事

ブルーベリーのタルトとカフェラテ

150元(約555円)

姉が帰国した途端、こんな食事に戻ってしまう。

ジャンボ野菜ワンタンスープときゅうり

90元(約333円)

ジャンボなワンタンが何個も入っていて

スープだけで腹が満たされる~。

全部を飲み干してしまうほど美味しいスープ。

キュウリもさっぱりとしていて

スープと相性が良かったと思う。

二日前に行った

ここでテイクアウトのオーダーをしました。

お姉さま方のすんばらしい手際により

多くのお客様がさばかれてました。

台湾食事日記まとめ 台中・台北編

台湾一人旅の食事日記パート2をご紹介しました。

台中も台北も安くて美味しいものばかりでした。

噂通りの美食天国。

香料がやや独特ではあるが、くせになる感じ。

ここでは紹介していませんがタピオカミルクティーも美味かったです。

こんな国にいたらあっという間に太りそう。

悩ましいところです。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク