スポンサーリンク

 

 

エルサレム旧市街でお買い物!お土産品を買う時の注意点とは?

よければシェアお願いします!

旅行での楽しみに、お買い物がありますよね。

お土産、その国独自のもの(民族衣装とか置物、食べ物)

美味しい食べ物、コスメグッズなど

お店で眺めているだけでも楽しいですよね。

せっかくエルサレムに行ったのだからと、

お買い物をしようと街に繰り出したのですが・・・

少し買い物恐症になりつつあります。

ということで、実体験を基にエルサレム旧市街のお買い物注意点をご紹介します。

エルサレム旧市街でお買い物をする


※エルサレム旧市街でよく見かけるお土産屋

エルサレムのスークでお土産物を買いにでかけました。

エキゾチックな雰囲気の雑貨やアクセサリー。

日本では手に入らなそうな物がたくさんあります。

さて何を買おうかな~・・・

と思っていたのですが、店員さんとのやり取りがなかなかでした。

スーク内のお店、店員さんとのやり取り再現

気になるお店を見つけ、店内に入る。

まずは店内の商品をじっくり見ることに。

私「何がいいかなぁ~」

店内の商品をあれこれ物色する。

しばらくすると、店員が私のもとへやってくる。

店員「何が欲しいんだ?」

私「お土産を探しています。」

店員「これはどうだ?」

かわいくもない置物を見せてくる。

うわぁ…絶対にいらないなぁ。

私「いくらですか?」

と、面白半分で聞いてしまう。

店員「30シェケル」

は?このだっさい置物が30シェケル?

いらんわ~。

店員「あなたはどこから来た?」

私「日本です。」

店員「すばらしい、なら20シェケルでいいよ。」

どこの国でもそう言うんだろうな・・

もういらないから、断ろう。

店員「いくらなら払える?」

いや、いらないんだけどな…

断ろうとすると

店員「わかった、15シェケルでいい。」

私「これはいらないです。」

店員「じゃあ10シェケルではどうだ?」

私「いやだから、いらないから~。」

お店から逃げるように出る。

エルサレム旧市街、買い物注意点2点

先程の様なやり取りを何回かしていました。

ゆっくり見ることもできない。

たまにかわいいものを見つけて値段を聞くと

ここぞとばかりに吹っ掛けてくる。

そして断ろうとすると

「How much You can pay?」

と、迫ってくる。ひ~(汗)

そう言う時は「ちょっと考える時間が欲しい」と言えば大丈夫!

そこからグイグイくることはあまりありませんでした。

ただ、客をほったらかしにする店員もいるし

優しい店員さんもたくさんいるし

今書いたことが全てではありませんが

こんな経験をされることもあると思うので

「あっ、きたきた」と思いながら

楽しくやり取りしてもらえたらと思います。

やっぱり買いたくなるのは

店員さんの人柄も大きいですよね?

エルサレム旧市街では、クレジットカードがあまり使えませんでした。

カードを使おうとすると手数料がかかると言われる。

現金払いがメインで、米ドルも意外に流通しています。

「1ドル=4シェケル」と現地の人が言っていたので
※かなりドルが有利なレート

お買い物には米ドルを持っていくといいですね。

ちなみにエルサレム新市街やテルアビブでは

クレジットカードはどこでも利用することができます。

ちなみに私が買ったものは…

店員さんと色々ありながらも、買い物をすることができました。

私が購入したお土産は・・・

こちらのランプ。

中にろうそくが立てられるようになっています。

エルサレム感が満載のアイテム!

もちろん吹っ掛けられたので、頑張って値切りました。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク