スポンサーリンク

 

 

ペルー旅行記⑦マチュピチュ・インカ道トレッキングツアーに参加しました!

よければシェアお願いします!

5月21日(火) 世界一周13日目

「世界遺産・マチュピチュ」観光に出発です。

なんと!日本語ガイド付きのプライベートツアーに参加しましたよ~。

初日は、インカ道のトレッキングです。

その模様をお届けします。

今回利用したマチュピチュツアーの紹介

今回のツアーは姉が手配をしてくれました。

「NAO TOUR(ナオツアー)」というペルーにある会社。

一般的な現地ツアーから、オーダーメイドツアーまで柔軟に対応してくださいます。

日本語でやり取りできるのが魅力。

姉とスタッフとのメールのやり取りで、日程・内容が決まりました。

日本語ガイド付きマチュピチュツアーの内容

1日目
オリャンタイタンボのホテルに日本語ガイドがお迎え
オリャンタイタンボ駅から「ビスタドーム列車」に乗車
104キロ地点で下車
トレッキング開始(約6時間半~7時間)
太陽の門からマチュピチュ遺跡へ
マチュピチュ村に宿泊

2日目
ガイドがホテルへお迎え
マチュピチュ遺跡観光
ワイナピチュ登山
サンクチュアリロッジでバイキングランチ
「ビスタドーム列車」に乗りポロイ駅下車
駅からクスコのホテルまで車で送迎

日本語ガイド付きの1泊2日ツアー。

以上の内容で一人980ドル(約11万)でした。

なかなか贅沢な内容かと思われます。

マチュピチュツアーは早朝スタート!

集合時間は6時15分なので、5時から準備をする。

朝食提供時間ではなかったのですが

私達のためにわざわざ朝食を用意してくれました。

ホスピタリティあふれる素晴らしいホステルだったなぁ。

6時15分 ガイドがお迎えに来ました。

小柄なペルー人「フスティーノさん」男性、年齢は50歳くらい?

流暢な日本語で挨拶をされる、

物腰の柔らかそうな、いい感じの方です。

挨拶を済ませたら、早速出発です。

オリャンタイタンボ駅まで、この3輪車で移動しました。

こんな小さい乗り物に4人の大きな大人がぎゅうぎゅう~

進めるのか?

という心配をよそに、軽快に走ってました。

歩くよりは全然楽だし、なんか楽し~♪

あっという間にオリャンタイタンボ駅に到着しました。

オリャンタイタンボ駅からペルーレイルに乗る

オリャンタイタンボ駅は早朝に関わらず

多くの観光客で賑わっていました。


ペルーレイルの車両と私達と犬たち。

この乗り物が、私達をマチュピチュへ連れて行ってくれる。

全部で3両編成。

パスポートチェックの上、車両に乗り込む。


ペルーレイルに乗ってご機嫌な様子。

車両の中はきれいで、全てがボックス席でした。

車両は「豪華・やや豪華・普通」の3タイプあります。
私達が乗ったのは、やや豪華「ビスタドーム」という車両です。

観光客に人気のやつです。

7時05分 定刻通り出発。

ガイドのフスさんと色々お話をしながら移動。

スンバラシイ景色と、美味しい軽食。

これはなかなか素敵な鉄道移動かもしれない。

すっかりペルーレイルにほだされる日本人二人だった。

インカ道トレッキングが始まる。

1時間位経った頃、そろそろ列車を降りることに。

駅舎はなく、そこら辺にポロッと降ろされる感じ。


ポロッと降ろされた現場。
姉とフスさんがご機嫌に手を振っている。

画像を見てお分かりの通り、本当に何も無いところに降ろされます。

ここが「104km地点」です。

マチュピチュのちょっと手前の地点です。

インカ道のトレッキングは大変人気で
入場制限もあるので、あらかじめ予約をしておくことが必要です。(有料)

ちなみにトレッキングコースは2つあり
・3泊4日の修行コース
・1日のお手軽コース

私達は、1日お手軽コースを選んだので
「104km地点」からのスタートとなります。

まずはインカ道入口を目指します。

いきなり、いかにも~な橋を渡ります。

ガイドのフスさんが写真を撮ってくれました。

しばらく進むとインカ道のゲートが有り
(と言っても掘立小屋みたいな感じ)

そこでパスポートチェックをされます。

中に入ると、トイレやちょっとしたお店、休憩所がありました。

日焼け止め、虫よけを塗る。
服を着替えたり、準備運動をしたり、トイレに行ったり。

各自準備をします。


始めにコースの説明を受けます。

「3時間歩く→休憩(1時間)→3時間歩いてマチュピチュへ」

という流れ。

説明を受けた看板の前で記念写真。

病み上がりだがこんなに歩いて大丈夫なのか・・・?

と不安がよぎる。

インカ道トレッキングの様子

8時14分 出発しました。

ありがたいことに、道はなだらかな坂道。

しんどすぎず、歩きながら景色を楽しめる感じ。

ちなみにインカ道とは

インカ帝国時代に整備された道で、総長3万kmあるそう。

道やら石の神殿やら、物作りが得意な帝国ですね。

初めはこんな感じの道。

日本でもよく見かける山道な感じです。

道中には、いろいろな遺跡があります。

それを楽しめるのもインカ道トレッキングのいいところ。

やはり石造りの建造物です。

途中、ペルーレイルが見えました。

いちいち絵になるのが、ペルーの素晴らしいところですね。


ご機嫌にハイキングの図

高地になってきました。
天気も良くて、最高のトレッキング日和です。

なんだろう・・

ものすごく清々しい。

なんだろう

ものすごく楽しい。

なんだろう

ものすごく充実感を感じる。

旅が始まってからしんどいことが多かったけど

今は最高に楽しい。

これからの事を考える余裕が出てきて

未来にワクワクし始めたのだ。

こんなにご機嫌なのは、今回の旅で初めてかもしれない。

おぉ~インカの神様~

ありがとう、身も心も元気になってきたよ~

始めは道の横を通っていた川が、遠くに見えるようになりました。

途中休憩をはさみながらちょいちょい進みます。

トレッキングをしている人は多くて

抜いたり、抜かされたりを繰り返して

みんながだんだん顔見知りになっていく感じです。

これもトレッキングの魅力かも。

滝に到着

出発から2時間経ちました。

11時22分 滝に到着です。

ちゃんとした滝です。

雪解け水なので、水が冷たい~。

トレッキングで暑くなった体には最高でした。

滝の水が飲みたかったのですが、フスさんに止められました。

現地人なら大丈夫だけど、私達はやめたほうがいいみたい。

ですよね~(;´∀`)

きれいな石組みで作られたインカ道。

歩いていると興奮してきますね。

ウイニャワイナ遺跡に到着

12時過ぎに到着しました。
(すでにランチ予定時刻を過ぎてます)


遺跡に祈りを捧げる私達

マチュピチュに負けないくらいの高所に作られた関所で

規模も景色もグレートでした。

水の通り道やお城のような神殿が印象的。

予定時刻を随分過ぎてランチタイム

12時40分 ランチ場所に到着。

出発してから4時間半が経ちました。予定通り押してます。

本来は11時過ぎにランチ予定だったのですが(汗)

ガイドのフスさんが焦っているのが伝わってくる。

ランチ場所は、3泊4日のツアー参加者がテント泊する所で
どこもかしこもテントだらけ。

ツアー特製弁当でランチです。

ツナマヨ&ゴマのかかったおにぎり。

野菜の肉巻き、みかん、飴ちゃん、水がセットの

大変美味しいお弁当でした。

早々にランチを済ませる。

トイレに行くが、衝撃的な衛生環境でした。

詳細は控えたいが、野のほうがマシな気がする。

準備万端、慌てて後半スタートです。

インカ道は山の斜面なので、基本断崖絶壁です。

柵らしい柵はあまりありません。

「落ちたら最後だな~」と思いながら見ていたら

「残念ながら道から落ちて亡くなられた方がいる」

と、フスさんが教えてくれました。

心の奥底から気をつけようと思いました。

山の形が独特ですね。

そびえ立つ雰囲気、風情がとてもかっこいいです。

太陽の門(インティプンク)に到着する

後半ペースアップし、巻き返してきました。

ちなみに私達のペースが遅い理由は、2人共写真を撮りまくるからです。

ペルーの大自然が雄大で、何度見ても飽きない。

遺跡もあるし、インカ道も風情がある。

見るもの全てを写真におさめていたら、時間がかかり過ぎた

という感じです。

マチュピチュに行くには

多くの関所を超える必要があり、それがまんま残っています。

道中、いくつもの関所を見ました。

こちらが有名な関所「太陽の門(インティプンク)」です。

ここまで来たらあと少しです。

この関所から見える眺めが・・・

マチュピチュです!
ここで初めてマチュピチュの全貌が見渡せます。

画像中央やや上部に、マチュピチュ遺跡と
その後ろにある小さい山(ワイナピチュ)が分かりますでしょうか?

手前にジグザグの道(ハイラム・ビンガムロード)が見えますね。

6時間歩いた後のマチュピチュは、感動します(T_T)

うれし~やっと見えた~

太陽の門には、14時57分に到着。

太陽の門で記念撮影。

日差しが強く、じっとしてるとかなり暑い。

日に焼けるわ~

マチュピチュ遺跡に到着!

しばらく休憩をしたあとは、マチュピチュへまっしぐら!

完全石造りの道を歩く。

西日が最高に眩しい中、どんどん進んでいきます。

立派な石造りの道を進む。

あと少しです。

そして16時半頃、マチュピチュ遺跡に到着しました。

This is マチュピチュ!

太陽の西日で陰ってますが、それすら絵になるマチュピチュ。

おぉ・・マチュピチュよ・・・

マチュピチュ遺跡の閉店時間が迫っているようで

文化庁の方々が早く帰ろと言わんばかりに笛を鳴らす。

もうそんな時間なのか・・・チッ

フスさんは夕日染まるマチュピチュを見せたくて

あえてこの時間に到着するようにしたのだと分かる。

マチュピチュ村へ移動

遺跡を出て、バスに乗りマチュピチュ村へ。

くねくねしたハイラム・ビンガロードを通る。

マチュピチュ村へ到着したら、ホテルへ移動。

ご機嫌で晩御飯を食べに出かけ

良さそうなレストランでお食事を頂いた。

美味しかったのだが、とんだボリレストランだった。

サービス料が半端ない料金。

しかも勝手に日本円で決済されている。
(現地通貨決済の方が間違いなく安い)

マチュピチュ村め・・・
一見さんだと思って横柄な事をしやがって(怒)

その後お土産屋さんでお買い物をした後に

ホテルでゆっくりしました。

マチュピチュツアー一日目、インカ道トレッキングは以上です。

明日はマチュピチュ遺跡と、ワイナピチュ登山です。