スポンサーリンク

 

 

ペルー旅行記③リマ→クスコをバスで移動!壮絶過ぎた22時間レポ!

よければシェアお願いします!

5月16日 世界一周8日目

マチュピチュへ行くための拠点となる街、クスコ。

今日はクスコへ行くために、バスで移動します。

移動時間はなんと21時間半!!

そしてクスコの街は、標高3,400メートル!!!

絶賛体調不良の私は、無事にたどり着くことが出来たのでしょうか?

バスターミナルへ移動する。

バスは午後からだったので、午前中はホテルでゆっくり。

といっても私はチェックアウト直前まで

ベッドで寝ていました。

どうも体調が悪くて、起きている元気がありません。

「こんな状態で移動してもいいのだろうか・・・」

という思いは頭から離れませんでしたが

まぁとりあえず移動することにしました。

ホテルからバスターミナルは比較的近いのですが

歩いていける距離ではありません。

ホテルのスタッフにタクシーをお願いしました。

タクシーで15分で到着!

料金は15ソレス(約525円)

こちらが「クルス・デル・スール」というバス会社です。

リマではバス会社ごとに乗り場が違いました。

バス移動はやっぱりクルス・デル・スールでしょ!

「クルス・デル・スール」はペルーにあるバス会社の中でも

安全性や乗り心地など、かなり評判が良いです。

おかげで人気があり、人が多いのがデメリットかも。

移動情報

リマ 14:00発
クスコ 翌日23:30着
移動時間 21時間30分

料金 69ソレス(約2400円)

なんと21時間のバス移動!なのに、2400円!!

と、いろいろ驚きではありますが

クルス・デル・スールは高い方で、もっと安いバス会社もあります。

ただ、高山に向けての長距離移動なので

安心安全のクルス・デル・スールにしました!

こちらが建物の中です。

チケット売り場や売店、軽食コーナーなど

いろいろ充実しています。

私が予約したバスの座席は2階。

「体調が良くないので1階の席にしてもらえないか?」

とカウンターのお姉さんにお願いしますが

「1階も2階も変わりません」と、つれない対応。

そうなんだけど、そうじゃないんだ~!!!

と思いましたが、私の語学力ではコレが限界です。

大人しく2階に乗ることにします・・・(T_T)クゥ~

まずはチケットを見せて、荷物を預けます。

その後は軽食コーナーで軽食を頂いたり、ゆっくり過ごします。

乗り場もスタッフに確認しました。

出発時刻が近づいてきたので、乗り場へ移動。

パスポートとチケットをチェックされた後、乗車します。

人気なので人がゾロゾロ。

こちらが今回お世話になるバスです。

2階建ての比較的新しそうな車両です。

バスの2階に行きます。

こちらがシートです。

●フカフカのシート
●広々とした足もと
●枕と毛布付き
●180度リクライニング可能

他にも・・・・
●wifiあり
●トイレ付き(1階・2階それぞれ1つ)
●USBポートあり

なんと各座席にモニターも付いてます!

まるで飛行機並みのサービスですね!

バスによって設備にばらつきがあるようですが
長時間移動は比較的が充実しています。

コレなら快適なバス移動になりそう~♪♪♪

そして、無事に移動できますように・・・

リマ→クスコの22時間を超える大移動が始まった!

14時に出発をしました。

バスは市内を抜け、太平洋沿いを走ります。

道は広くて真っ直ぐでとても快適でした。

心に余裕があり、写真を取ることが出来た頃。

太平洋は日本へとつながってるのね~しみじみ。

寝たり、景色を眺めたりして過ごします。

日が暮れた頃(19時位?)晩御飯が出ました。

パンとサラダとメインはチキン&ライスです。

お味はまぁ普通かなぁ~。

食事はチキンか、ビーフか、ベジタリアンか

予約時に選ぶことが出来ました。

ジュースも出ましたよ。

「水・コーラ・インカコーラ」から選べます。

全部食べる元気はなかったので

体に優しそうなものだけ選んで食べます。

おそらく姉は完食をしていると思います。

夜の21時過ぎでしょうか?

太平洋沿いの真っ直ぐな道から、アンデス山脈に突っ込んできます。

ココが鬼門です。

グーンと坂道を登ったと思ったら下り

左右にくねくねと曲がりまくる。それが果てしなく続きます。

グーン、くねくね~、オエー

グーン、くねくね~、オエー

もちろん休憩なんてありません。

コレが一晩中続く悪夢。

さらに、だんだん高度が上がっていきます。

高山病の危機が迫ってきます。

高山病対策は脳に空気を送ること!ということで深呼吸をします。

グーン、くねくね~、オエー、スーハー

グーン、くねくね~、オエー、スーハー

想像しただけでも気分が悪くなりそうですが

実際はもっと気分が悪いです。

早く到着してくれ~(T_T)

隣でグースカ寝ているペルー人、鍛え方が違うようです。

グーン、くねくね~、オエー、スーハー

グーン、くねくね~、オエー、スーハー

助けて~(T_T)

を数え切れないくらい繰り返した頃、朝を迎えました。

嬉しい気持ちもありますが

まだまだ6時間以上このバスに乗車しないといけません。

しかし、山を登りきったためか

そこまでくねくねすることがなくなってきました。

こちらが朝食のパンです。

残念ながら食べる元気はありませんでした。

姉はどんなかな?とトイレ帰りに見たら、しんどそうに見えました。

健康優良児の姉でも珍しいことがあるんですね。

アンデスの景色です。

私はひたすらじっとしていたのですが

姉は頑張って写真を撮っていました。

高地に来たなって感じです。

「welcome to Cusco」という看板が見えてきました。

やったークスコだ~!!!

と思ってから、1時間半かかりました。

22時間以上もバスに乗っていると、暇すぎて気が狂いそうになります。

「誰か私をこの監獄から出して~!」みたいな気分。

しかも気分悪いし・・・

なんとかクスコに到着する(-_-;)

無事クスコのバスターミナルへ到着。

結局1時間40分遅れて、23時間を超えるバス移動となりました。

マジで辛かった・・・(T_T)

本当に辛かった。

いろんな意味で辛かった。

とりあえずなんとかクスコに到着できました。ありがとう神様!

という気分でした。

バスから降りると、足もとがふわふわした感じで

軽く頭痛がします。おそらく高山病だと思う。

そして、車酔いの名残があります。

オエー

しばら~く休憩した後、タクシーで宿へ移動。

高山病に良いとされるコカ茶を頂いて、ゆっくりしましたとさ。

続く

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。