スポンサーリンク

 

 

ロンドン観光 ナショナルギャラリーに行きました!

よければシェアお願いします!

ロンドンチャレンジ

「美術館・博物館に行くパートⅡ」

大英博物館以外に

何か良い博物館や美術館は

ないかな~と調べたところ

「ナショナルギャラリー」が良いとのこと。

ゴッホの「ひまわり」

モネの「睡蓮」が展示されているそうで。

私でも知っている作品があるのか~!!!

と思い、行くことにしました。

立地も良いのです。

ピカデリーサーカス周辺にある

大変アクセスのよい立地ですね。

立派ですね~!!

こういうギリシャで見るような建築様式は

美術館や博物館では定番なんでしょうか?

大英博物館もこんな感じでしたね。

正面向かって、右側から入ります。

入場料無料なので、そのまま入れるのですが

私は地図を買いたかったので、売店によりました。

地図、2ポンド。約306円。

※1ポンド=153円で計算しました。

大英博物館ほどの広さはないし

見どころは地図にほぼ書いてあるので

地図を参考にササっとまわれる感じです。

絵に興味がある人は

1日でも居られそうな広さですね。

美術館にしては

偉くにぎやかな部屋があるな~と思ったら…

何かのイベントをしていました。

子供たち大はしゃぎ~!!

そういう意味でも、気軽な美術館ですね。

ザ・絵画みたいなものもあれば…

こんな和むものもありました。

宗教画は多かったな~。

これがダビンチの絵なんですって。

なんだか、ダビンチというだけで

立派に見えてしまう。

来ました!!!

ゴッホのひまわり~!!!!

ほーこれがね~。

売ったら何億とするであろう絵が

ほかの絵と変わらずポツンと飾ってありました。

そんなに人がいなかったので

鑑賞しやすかったです。

大英博物館のロゼッタストーンとはえらい違いだ。

モザイク画が床にありました。

これもなかなか立派でした。

レストランや売店もありました。

お土産もばっちり買えます!!

スタッフの皆さんもフレンドリーで

片言の日本語で、会話をしてくれました。

地図を買う時に

「2ポンドです。」と日本語で言われた時は

びっくりしたな~。

気楽にナショナルギャラリーを楽しめました。

馬「また来てね~!」

背景にあえて何も書かず、躍動感のある馬を書くところに

センスを感じますよね。

イマジネーションがかき立てられる。

そんなこんなで楽しい美術館鑑賞は終了です。

あれ?モネの「睡蓮」は?

ロンドンチャレンジ

「美術館・博物館に行くパートⅡ」

完了です。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク