スポンサーリンク

 

 

スペイン・マドリードのマヨール広場でお金を盗られた件

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

今日は本当に嫌なことがありました。

もう腹が立って、腹が立って(怒)

竹刀があったら振り回したいぐらいです!!!!

事件?の詳細をご紹介します。

私がマヨール広場に行く途中

花を持ったおばさんが

いきなり一輪の花を渡してきました。

「3時からフラメンコをするの。見に来てね。」

と言われたので

「わかりました」と去ろうとしたら

おばさんが

「お金をくれ」という。

情報料でチップをよこせと言ってるのか?

そう思った私は、花を返した。

するとおばさんが

「違う違う、日本のお金をくれ」と。

「日本のお金は持っていない」と

何回か伝えると、今度は

「じゃあ1セントで良い」という。

聞いてもない情報を勝手に与えといて

金をくれとはふざけんな(怒)と思ったが

最近寄付をしていなかったので

1セントくらいいいかと思い

財布を出した瞬間

もう一人の女性が横から入ってくる。

「いいのいいの。

日本のお金じゃないならいいわ。」

と、私の手の中にある財布にチャックをした。

そしてサーッと逃げて行った。

あー、うっとおしかった(怒)

と思い一息つきかけたが

ふと、さっき財布を触っていたよな…と。

財布を見ると、ばっちり抜かれていた。

こんちくしょー(怒)

うっとおしいうえに

お金をとりやがってふざけんなよ(怒)

と、ものすごく腹が立った。

あのばばぁ達がいないかと

しばらくあたりを見回すが

当然いなかった。

このぶつけどころのない怒りを

どうしてくれようか(怒)

と、暴れまわる。

(心の中で)

人の一生の思い出に泥を塗りやがって

ふざけるなよ~(# ゚Д゚)

どのくらい怒り狂っていただろうか。

以前

物乞いにイライラしたことがあった。

マクドナルドで気分よくご飯を食べていたら

何回も「お金をくれ」と言ってきたからだ。

スタバや、市場でも。

ただこの人たちは

無理やり人のものをとらない分

まだ良い人たちなんだと

いまさらながら思った。

勢いでサンミゲル市場前にいた物乞いに

寄付をしてしまう。

「だってこの人達は、無理やり盗りません!」

あのくそ婆にくれてやるぐらいなら

物乞いにあげたほうが1000倍ましだ。

あーちくしょー(怒)

人間とは怒り続けることはできないもので

しばらくすると少し落ち着いた。

30ユーロ盗まれたが

今晩は宿に泊まれるし

旅行は予定通り進むし

多少お金を降ろす必要があるかもしれないが

せいぜい1万程度だと思う。

だったらたぶん生活の貧しいあの人たちに

あげたほうが良かったのかもしれない。

と、多少思い直そうと努力した。

多少だ。

腹が立つ気持ちは簡単にぶり返す。

気を取り直して観光にいそしむ。

そして

気分転換に美味しいものでも食べようと

マヨール広場の生ハム料理屋に行った。

口コミでも人気の有名店だ。

ここで美味しいものを頂いたら

少しは気分が良くなるかもしれない。

そう思い、メイン2品セットを注文した。

パエリヤと魚料理だ。

私を担当した店員は

あまりやる気がなさそうに感じたが

それは私の予想を超えるものだった。

そもそも私が席につこうとしたら

だめだと言い

そのまま私を放ったらかしていたのだ。

他の店員が

「そこに座りなさい」と言ってくれた。

その後、オーダーをとるとき

メニューのスペイン語がわからないので

やる気のない店員に質問したら

よくわからない英語で適当な返事。

何回か聞きなおすがよくわからないので

聞き取れた単語のメニューをオーダーする。

パエリヤは早く来た。

そんなに絶賛するほどか?

とは思ったが

お腹もすいていたので食べた。

具沢山のパエリヤだったと思う。

そして、2品目がなかなか来ない。

待てど暮らせど来ない。

あんだけパエリヤが早いのに

魚料理だけ時間がかかるとは考えにくい。

しょうがなく、やる気のない店員にいうと

すぐ2皿目が来た。

黙って「ドン」と皿を置く。

なんだそれ(怒)

しかも、冷めかけてるし。

すでにできてたってことだよね(怒)

美味しくないし。

今日の私は機嫌が悪いんだぞ~(# ゚Д゚)

お会計をお願いしたら

サービス料がとられている。

あのいい加減なサービスで!?

もちろんお礼なんて一言もなし。

最悪なお店だ。

なぜあんなに評判がいいのかわからない。

さらに、帰りの地下鉄では

逆方向の電車に乗ってしまう(怒)

これは私のうっかりです💗

何なんだ(# ゚Д゚)

何なんだ(# ゚Д゚)

何なんだ(# ゚Д゚)

と、怒り爆発のtakoです。

やっぱり自分の大事なものをとられると

ものすごく腹が立つし

接客態度がいい加減だと腹が立つ。

「スペインとはそういうもんだ」

「財布を出すほうが悪い」とか

そいういう正論全く聞く気になれない。

盗るほうが悪いに決まってるじゃないか!

だから警察が取り締まってるんでしょうが!

ひどい目にあっておきながら

自分が悪いと思うほど

私はお人よしではない(怒)

腹が立つものは立つのだ~(怒)!!!

コノヤロー!

くそばばぁ!!

(# ゚Д゚)

クソ店員!!

と、1万回は叫んだだろうか。

(心の中で)

あー(少し)すっきりした。

人間怒るときはしっかり怒らないとね。

自分のために。

ただ、途中で書いたように

30ユーロ盗まれたが

今晩は宿に泊まれるし

旅行は予定通り進むのだ。

カードやパスポートはあるし

命を狙われたわけではない。

刃物をもって脅されたわけではない。

ある意味質がそこまで悪くない人たちだ。

だから、まぁ良かったとしよう。

なんだか

いきなり誰かにお金をとられると

節約するのが馬鹿らしくなる。

南米でお金を盗まれた女の子も言っていた

だったら自分の好きなように

使ったほうが100倍ましだ。

今日お金をとられた時、最初に思ったことだ。

最近これ以上お金をおろしたくないと

ケチケチしていたので

神様が

「このドケチ、最近財布のひも締めすぎだぞ!」

と、警告を発していたのかもしれない。

ケチケチは、前回の旅行の反省点なので。

みなさんも旅行をしているときに

注意をしているつもりでも

お金を盗られることがあるかもしれません。

その時には

思いっきり怒り狂ってくださいね!!

自分を責める必要はありません。

だって、盗るほうが

悪いに決まってるじゃないですか!

「お前が不用心」とか

「危ない所に遊びに行くほうが悪い」

なんて言ってくるやつは

無視してください。

しっかり怒りまくってください。

そして気分が落ち着いたころに

きっと何かが見えてくるはずです。

困難はあなたを強くする。

ともにストロングになりましょう。

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク