スポンサーリンク

 

 

ロンドン観光 大英図書館に行きました!

よければシェアお願いします!

ロンドンチャレンジ

「美術館・博物館に行く」パートⅢ

こんにちは、takoです。

今日は「大英図書館」に行きます。

図書館に何しに行くの?って感じですが

大英図書館には

貴重な面白いものが展示してあるらしい。

例えば

「マグナカルタの原本」や

「ビートルズの楽譜」など

歴史に残る様々な資料があるんですって!!

さぁ、レッツラゴー!!

場所は、セントパンクラス駅の横です。

セントパンクラス駅って外観がかっこいいのよね。

ばーん!!!

青い空に、茶色のレンガが映えるよね~。

はー萌える~。

絵になるわ~♡

と、一通り鑑賞した後、先に進みます。

見えてきました。

「British Library」です。

面白い入り口ですね。

入り口を入ると、大きな像が出迎えてくれます。

私「こんにちは!日本から来ました。」

像「何?今忙しんだけど。」

私「あ、ごめんなさい。何してるんですか?」

像「円を描いてるの。」

本当だ。

確かに、コンパスを持っています。

おー広いですね。

カフェがありました。

図書館にカフェ、さすがイギリス。

しかもかなり美味そう。

そして、おしゃれです。

建物に入ります。

ここから入ればいいのね~。

フロアガイドがあります。

しかし、どこに行ったらいいのかな?

見てもよくわからない。

とりあえず階段を上ってみましょう。

階段上って左側に、こんな看板が!

「Treasures of the British Library」

大英図書館の宝とな!

間違いない、ここですね。

大正解でした。

しかし、さすが宝物。

写真撮影禁止でした(涙)

フロアはそんなに広くないのですが

いろいろなものが展示してありました。

ビートルズの楽譜が

惜しげもなく展示してありましたよ~。

しかも、直筆の文字!!

それだけでなく

ヘンデルとか、モーツァルトとか

音楽の授業で習ったような音楽家の楽譜もありました。

昔の地図もありました。

何故か日本の古い地図もある。なんで?

聖書もありました。

詳しくはわからないのですが

昔の昔の聖書だという事はわかる。

カラーで刷られていて、イラストが面白かった。

不思議な国のアリスの原本もあり。

科学者のスペースもあって

レオナルドダヴィンチのノート?

メモのようなものも。

ダヴィンチって、本当に実在したんですね。

好きな人にはたまらない展示物が多々。

貴重なものがたくさんありました。

マグナカルタがないな~

と、思っていたら

なんと!

マグナカルタ専用のお部屋がありました(*_*)

特別感が満載です。

「へーこれがマグナカルタなのね~。」

しげしげと見る。

興味深い展示物をいろいろ見ることができました。

あー面白かった。

大英博物館内には売店もカフェもあるので

帰りに寄ってみてもいいと思います。

で、いまさらなんだけど

マグナカルタってなんだっけ?

「美術館・博物館に行く」パートⅢ

大英図書館編、以上。

お粗末様でした~!

  
家にいながら世界を巡る、新しい旅のかたち。 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク