スポンサーリンク

 

 

アヴィニョンで観光しました① お得な観光情報のご紹介!!

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

南フランスのアヴィニョンにやって来ました。

街自体が雰囲気のある、魅力的な所ですが…

アヴィニョンの最大の見どころは?

14世紀に教皇庁が約100年置かれ

(アヴィニオン捕囚ってやつ)

キリスト教の中心となったアヴィニョンは

飛躍的に発展します。

その当時に建てられた圧倒的な建築群が

世界遺産であり、観光の見どころとなります。

※アヴィニョンパッションを参考にまとめました。

世界遺産名は

「教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋」

教皇庁が建てられた中世の街並みや

建物をじっくり楽しめそうですね。

では、レッツラゴー!

の前に~

準備するものがあります。

ここからがお得情報ですよ!!

それは「AVIGNON PASSION」という冊子。

これですがな。

観光情報が書いてあるのですが…

なんと日本語ですよ!!!

すんげ~( ゚Д゚)

ここにきて初めて知ったんですが

アヴィニョンパッションがあれば

一つ目の施設 通常料金

2つ目の施設から パス料金!

ツーリストインフォメーションにも

利用した宿にもありました。

観光施設の受付にもあるみたい。

どこでも手に入れられるようです。

どこの施設で利用できて、いくらになるか

施設の簡単な説明とともに

日本語でばっちり書いてあります。

読める~(涙)

使い方は…

始めに行った施設で

アヴィニョンパッションの裏側に

スタンプを押してもらいます。

このスタンプ(画面下部)を見せると

次の施設からパス料金になるというもの。

という事で、まず向かった先は…

ラピデール博物館です。

なんと入場料2ユーロ!(約270円)

※1ユーロ=135円で計算しました。

アヴィニョンパッションを活用するなら

最初の施設は安いほうが良いので…( *´艸`)

ちなみに、どんな施設かと言うと…

「彫刻・壺・古代ギリシャ文化のテラコッタを

展示している。中央ホールではケルト文化や

ガロロマン文化傑作の彫刻を展示している。」

とのこと。

受付で、入場料を払い

アヴィニョンパッションに

スタンプをポンと押してもらう。

さて、展示物です。

ギリシャの、ストロング&

ビューティフォーな展示物でした。

2ユーロでしたが、見ごたえばっちり!

しかも客が私ともう一人だけで

思う存分堪能できましたよ。

さて、次は最大のお楽しみ

教皇宮殿(教皇庁)」へ参ります!

ところで教皇宮殿(教皇庁)とは何か?

大雑把にまとめると

14世紀、教皇がフランス国王と仲が悪く

フランス国王が、教皇を監視下に置くため

アヴィニョンに移り住ませた。

その移住先が教皇宮殿だそうで。

歩いて10分もかからず到着👣

見どころが徒歩圏内なのがいいですね。

でた~教皇宮殿!!!

めちゃくちゃかっこいいデス。

しかも、とても大きい!

その大きさが写真で伝わるかな?

ヨーロッパ最大のゴシック様式宮殿です。

中に入ります。

入口すぐ右がチケット売り場です。

アヴィニョンパッションを見せて

13ユーロが10ユーロ(約1350円)になりました。

オーディオガイド込みの値段です。

アヴィニオン橋とセットのチケットもあるのですが

アヴィニョンパッションを使うのであれば

別々に購入したほうがいいと言われました

入場料を払った後すぐに

オーディオガイドを取りに行く。

こちらが

教皇宮殿お楽しみオーディオガイドです。

タブレットとヘッドフォンの豪華セットでした。

しかも日本語に対応してます!!

これがまたすごいのよ。

現在地(画面右下の緑のまる)と

行き先(赤い点線)を教えてくれます。

部屋を移動したら

勝手にタブレットが反応して

自動で解説が流れます。

すんげ~ハイテク~(*_*)

めちゃくちゃ便利~

しかも、日本語~( ;∀;)

タブレットに従って移動します。

中庭を通って建物に入っていきますよ~。

ゴシック建築の特徴に

建物の高さがあげられますが

本当に大きいです!!

写真右下に大勢の人がいますが、ちっちゃいでしょ?

中世ヨーロッパ感が半端ない!

模型もあります!

各ポイントにこういった↑

物が置いてあります。

金の円形にタブレットを重ねると…

これまたすごいんです!!

どうなるかは秘密💗

というより説明し難い。

実際に行ってやってみて下さい。

最近の観光はハイテクですが

アヴィニョンは特に力入ってますね。

そりゃ人が行くはずですよ。

↑重要な部屋だったのですが

なんだったか忘れた…(涙)

教皇がアヴィニョンにお住まいだった時期に

思いを馳せながら見学をする。

「カフェがあるわよ」

「あら、行かなくちゃ」

みたいな絵の看板。

私が行った時には閉まってました。

いやー見ごたえがありましたね~。

オーディオガイドは歴史の解説もしくれます。

日本語に対応しているのがうれしい!!!!

ものすごく勉強になりますし

知識があったほうがより楽しめますよね。

出た時には、2時間半たっていました。

おそらく長いほうだと思います。

あまりにも堪能しすぎて

ホステルに帰りかけましたが

アヴィニョンの見どころは

こんなもんじゃない!

ということで

次はアヴィニョン橋に行こうかな。

アヴィニョン観光パート2に続きます。

↓続きはコチラ♪

[blogcard url=”https://travelcats.biz/avignon-tour2/”]

(※2018年3月の情報です)

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。