スポンサーリンク

 

 

ヨーロッパのトイレ事情を解説!紙は流せる?便座の使い方は?

よければシェアお願いします!

こんにちは、takoです。

今日の内容は、ずばりトイレ!!

私にとって、トイレは死活問題です。

トイレ近いし、お腹よくこわすし。

どこに行っても、必ずとてもとてもお世話になります。

(紅茶なんか飲んだ日には15分に一回トイレ状態です💦)

それが故に、かなり気になるのですが

みなさんもきっと気になるはず!

だって私たちは清潔大国日本で生まれ育ったのですよ✨

日本ほどトイレに恵まれた国はありません!

心からそう言い切れます( ー`дー´)キリッ

というわけで、ヨーロッパトイレ事情についてご紹介したいと思います。

ヨーロッパのトイレ事情。トイレのある場所は?

まず日本のようにどこでもあるわけではありません。

地下鉄駅→ない

鉄道駅→ある

小さいショップ→ない

中型のショップ→ない

大型のショップ→あるが、有料の上に一か所だけ

カフェ→ある

レストラン→ある

観光施設→ある

広い公園→あったりなかったり

大体の傾向です。

すべて上記の通りではありません。

日本のように「コンビニでトイレ」的な手軽さはありません。

ヨーロッパのトイレ事情。使い方は?

トイレに紙は流せる?

ご存知の方も多いと思いますが

まず国によっては紙を流せません。

どの国のトイレは流せて、どの国が流せないなんていちいちリサーチしていません。

なぜならトイレを見たらわかるから。

見分け方は一つ!

便器近くに大きめのごみ箱があれば、流せないということです。

流せない紙はごみ箱に入れるので。

もしくは

こんな風に注意書きがあります。

おそらくこの注意書きは「何でもかんでもトイレに流すなよ!」ですが

紙を流してはだめな時、わかるように書いてあります。

うっかり流している人も見かけます。

紙を流した瞬間詰まるわけではないので

1.2度の失敗はノープロブレムです!

便座の使い方は?

イタリアとかギリシャとか便座のない

便器があります。

↑どうやって使うの?と思った日本人は多いはず。

中腰になって使うとか、いろいろ話は聞きますが

現地人は片方の足を地面に

もう片方の足を便器の上にのせて

用を足しているそうです。

便器の上にしゃがんだのか?

と、思うような足跡を見かけますので、本当だと思います。

座らないようにご注意を!!

場所別ヨーロッパのトイレ事情。

公衆トイレについて。

鉄道駅や公園にある公衆トイレは、基本有料です。

トイレの入口に管理人が座ってます。

その人にお金を払い、利用します。

ときどき管理人から、紙をもらうこともあります。

もしくは、機械にお金を入れて

(0.5~1ユーロぐらいが相場)

トイレに入ります。


↑右側の機械にお金を入れると入口が開く

こちらの写真はポルトガルの有料公衆トイレ。

カフェやレストランのトイレについて

カフェやレストランで利用する場合

国によっては、トイレにロックがかかっていて

それを解除する必要があります。

ギリシャのスタバのレシートです。

下から6行目に書いてあります。

「WC WOMEN 1911-CODE」

つまり、1911が

女性トイレのロックを解除する番号です。

男性は、1912ですな。

別のカフェで

「トイレを使いたい」と伝えると

こんなメモ書きがもらえました。

このコードをトイレ前の機械に入力してカギを開けます。

これはギリシャのカフェです。

気軽に行けるトイレは少ないので

カフェやレストランに行ったときに、済ませておく方のがベスト。

カフェやレストランは緊急時にもお世話になれます。

まとめ

⒈トイレ用の紙は必ず持ち歩きましょう。
(ポケットティッシュで十分!)

⒉ 観光中に使うべきトイレ。

優先順位が高いものから書いてます。

①美術館や博物館などの観光施設のトイレ

きれいだし、無料。

②カフェやレストランのトイレ

利用する際にロックの解除が、必要なケースもあるが

比較的きれいで利用しやすい。もちろん無料。

③公衆トイレ

鉄道駅、公園などにある。

有料。清潔さは国による。

④乗り物にあるトイレ

飛行機や空港→スーパーきれい✨

鉄道→清潔さは車両とクラスによるが

有料だったことはない
ローカル線は利用し難いことが多い

以上となります。

便器の形に戸惑ったり

水を流すボタンが見つけにくかったり

紙がなかったり

ウォシュレット等は当然なく、

トイレといえど、様々なトラブルが待ち構えています。
(全て良い?思い出になること間違いなし!)

知らないとびっくりしますが

知っておくことで冷静に対処できますね。

みなさまの参考になれば幸いです。

追伸…

イギリスのトイレ事情はいい感じ。

無料できれいな公衆トイレが多く見られました。

よければシェアお願いします!

スポンサーリンク
じゃらん秋セール開催中! カード決済でポイント5%還元 &お得なクーポン配布中。